こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 経済学部/経済学研究科ホーム
  2.  > 経済学会
  3.  > 経済学会のイベント(過去のイベント:講演会)

過去のイベント

講演会

テーマ経済学部講演会
「中央銀行という存在」
日時2016年10月19日(水)14:55~16:25
講師白川 方明 氏
(前日本銀行総裁、同志社大学客員教授、青山学院大学特任教授)
主催経済学部・経済学会
詳細チラシ [PDF 295KB]
テーマ経済学部公開講演会
「事業家の視点から見たiPSテクノロジー~ベンチャー起業家へのメッセージ~」
日時2015年11月20日(金)13:10~14:40
講師村山 昇作 氏
(株式会社iPSポータル 代表取締役社長)
主催経済学部・経済学会
詳細チラシ [PDF 299KB]
テーマ経済学部講演会
「日本経済の課題」
日時2015年6月5日(金)14:55~16:25
講師白川 方明 氏
(前日本銀行総裁、同志社大学客員教授、青山学院大学特任教授)
主催経済学部・経済学会
詳細チラシ [PDF 366KB]
テーマ経済学部公開講演会(ビジネスプラン大会特別講演)
「NTTデータの考えるオープンイノベーション、学生時代にビジネスプランに挑戦する重要性について」
日時2014年12月13日(土)15:30~16:30
講師残間 光太朗 氏
(株式会社NTTデータ パブリック&ファイナンシャル事業部 オープンイノベーション事業
 創発室 室長)
主催経済学部・経済学会
詳細チラシ [PDF 270KB]
テーマ経済学部公開講演会
「やわらか成長戦略~日本再興の主役は君たち~」
日時2014年6月27日(金)13:10~14:40
講師高瀬 幸子 氏
(経済産業省 近畿経済産業局 企画課長)
主催経済学部・経済学会
詳細チラシ [PDF 142KB]
テーマ経済学部講演会(ディベート大会5周年記念講演会)
「TPP参加の是非を考える~経済のグローバル化時代における日本の在り方
 ~」
日時2013年6月25日(火)14:55~16:25
講師岡本 由美子 氏
(同志社大学政策学部教授)
主催経済学部・経済学会
詳細チラシ [PDF 235KB]
テーマ経済学部公開講演会
「中国台頭の終焉」
日時2013年6月1日(土)13:10~14:40
講師津上 俊哉 氏
(現代中国研究家・コンサルタント)
主催経済学部・経済学会
詳細チラシ [PDF 266KB]
テーマ経済学部公開講演会
「東電福島第一原発事故の経済面の原因と今後のエネルギー」
日時2012年12月8日(土)14:00~16:30
講師槌田 敦 氏
(たんぽぽ舎顧問)
主催経済学部・経済学会
テーマ経済学部公開講演会
「最近の世界経済の動向 ―マクロ経済・金融を中心に―」
日時2012年11月1日(木)13:15~14:45
講師渡辺 博史 氏
(国際協力銀行 代表取締役副総裁)
主催経済学部・経済学会
テーマ経済学部公開講演会
「経済学を学ぶことの意義」
日時2012年6月27日(水)16:45~18:15
講師愛宕 伸康 氏
(日本経済研究センター主任研究員)
主催経済学部・経済学会
テーマ経済学部講演会
「京都の文化と経済の特質」
Economical features of Kyoto based on traditional cultures
日時2011年10月26日(水)15:00~18:15
講師アレックス・カー(Alex Kerr)氏
(東洋文化研究家)
主催経済学部・経済学会
後援国際教育インスティテュート
テーマ経済学部公開講演会
「君はものを考えたことがあるか」
日時2011年6月2日(木)13:15~14:45
講師加藤 秀樹 氏
(構想日本 代表)
主催経済学部・経済学会
テーマ経済学部公開講演会
「資源開発と持続可能な未来―貧困、欲望、環境汚染を超えて―」
日時2010年7月2日(金)18:30~20:30
講師サリーム・アリ博士
(米国バーモント大学環境資源学部教授)
主催経済学部・経済学会
詳細チラシ [PDF 20KB]
テーマ経済学部公開講演会
「新たな可能性に挑む~進化する和紙」
日時2010年6月3日(木)13:15~14:45
講師堀木 エリ子 氏
(株式会社 堀木エリ子&アソシエイツ 代表取締役)
主催経済学部・経済学会
テーマ経済学部講演会
「夢の実現とその難しさ」
日時2009年5月30日(土)13:30~15:00
講師福井 俊彦 氏
(前日本銀行総裁)
主催経済学部・経済学会
テーマ経済学部新入生歓迎講演会
「食の商いを通じて学んだこと ―学生時代の学びと商い―」
日時2009年5月11日(月)15:00~16:30
講師小嶋 淳司 氏
(がんこフードサービス株式会社 代表取締役会長)
主催経済学部
共催経済学会
.