こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 経済学部/経済学研究科ホーム
  2.  > 受験生の方へ
  3.  > 経済学部 受験生の方へ
  4.  > 学び(カリキュラム)

カリキュラム

1年次から少人数制の「基礎演習」でプレゼンテーション、ディスカッション、ディベートの技法や方法論を学び、「基礎科目」で専門教育への準備を整え、「基幹科目」で専門分野の根幹をしっかりと学びます。演習については、「2年次演習」で経済学的な考え方を身につけた後、「3年次演習」で学際的な問題に取り組み、分析・応用・問題解決の能力を養成しながら各自のテーマをさらに掘り下げます。これらの成果を引き継ぎ、4年次の「卒業研究」では卒業論文あるいはそれに代わる研究成果をまとめます。

1年次2年次3年次4年次
1セメスター2セメスター3セメスター4セメスター5セメスター6セメスター7セメスター8セメスター
導入科目
経済学概論
日本経済入門
経済学の歴史
IT基礎論1
基礎演習
 
基礎科目
 初級ミクロ経済学
経済数学
経済史
IT基礎論2
初級マクロ経済学
統計
環境と資源
データ処理基礎論
基幹科目
 中級ミクロ経済学1・2 中級マクロ経済学1・2 数理経済1・2 国際経済1・2 中級経済数学1・2
計量経済学1・2 計量分析実習1・2 経済予測1・2 統計実習 金融 労働経済1・2 社会政策 公共経済 福祉経済1・2
経済政策1・2 環境政策1・2 エネルギー経済1・2 エコロジー経済1・2 日本経済史1・2 京都経済史1・2 アジア経済
アジア経済史 中国経済 中国経済史 世界経済史1・2 比較社会経済 比較社会経済史
アメリカ経済 アメリカ経済史 ヨーロッパ経済 ヨーロッパ経済史 経済思想史1・2 現代経済思想史
日本経済思想史 国際政治経済1・2 現代資本主義1・2 政治経済学1・2 地域経済 都市経済 開発経済1・2
企業経済1・2 産業組織1・2 宗教経済1・2 文化経済 ネットワークシステム論 データベースシステム論
システムモデリング論 プログラミング スクリプティング
エコノミクス・ワークショップ
 エコノミクス・ワークショップ1・2
(キャリアアップコンピューティング 「経済学」の英書購読 現代日本の天然資源と環境 『資本論』の秘密 グローバル化と日本経済 新語で読み解く現代中国経済 アメリカ経済発展1 アメリカ経済発展2 大豆を通して観る経済社会 経済統計入門 現代世界の政治経済変化 エコシステム・サービス入門 エコシステム・サービス・マーケット入門 移民と貧困の経済学を英語で読む 報道で読む現代中国経済)
演習
 2年次演習3年次演習卒業研究
演習関連科目
 演習関連科目1・2
応用展開科目
 応用展開科目1・2
言語・コミュニケーション科目
A群全学共通教養教育科目(外国語教育科目) オフィスICTスキルズⅠ・Ⅱ ビジネスICTスキルズⅠ・Ⅱ
B群全学共通教養科目(外国語教育科目)
啓発科目
文化と社会 科学と技術 憲法 経営学 簿記学Ⅰ・Ⅱ 会計学 全学共通教養教育科目 
民法 原価計算論 企業分析 商法Ⅰ・Ⅱ 労働法 経済法
免許・資格科目
免許・資格関係科目
副専攻科目
法学部科目からなるパッケージ科目群
他学部等設置科目
 他学部設置科目
大学コンソーシアム京都・同志社女子大学・池坊短期大学単位互換科目
自由科目
日本国憲法 経済学 教育実習 教職実践演習(中・高) 教育実習指導
※カリキュラムは2013年度のものです。

講義概要・シラバスについては、 同志社大学シラバス(オリジナルサイト) でご案内しています。

導入科目

現実の経済の面白さと経済学の基本的な考え方を学びます。

基礎科目

基礎科目の習得を通して経済学的思考・分析能力を育成します。

基幹科目

柔軟で幅広い応用能力・問題解決能力を向上させるため、多様な経済学の専門科目を選択履修できます。

エコノミクス・ワークショップ

少人数で学ぶことを通じて、経済学および関連諸学問についての知識を高め、文献資料などを読解する技能、主体的に学ぶ態度を育成します。

演習

経済学の基礎的能力をもとに、分析・応用・問題解決能力を養成します。

演習関連科目

演習科目の到達目標を達成するための補完的科目として選択履修します。

応用展開科目

基幹科目を応用・発展させるために必要な、より高度な知識や技能を養成するための科目を選択履修します。

言語・コミュニケーション科目

さまざまな経済問題を理解するため、英語および英語以外の1種類の外国語を選択します。高度な語学能力、国際関係、異文化理解を深めるための科目およびコンピュータ言語を含むグローバルな情報・通信技術を理解するための科目も履修できます。

啓発科目

人文科学や社会科学、自然・人間科学の分野のみならず、スポーツ関連科目や隣接領域科目など自由に履修できます。
本学に関する総合的理解を深めるための「同志社科目」もここに含まれます。

免許・資格科目

教員免許や学芸員・司書の資格取得を目的として自由に履修できます。

副専攻科目

経済学以外の分野も専門的に学ぶことができます。

他学部等設置科目

他学部・他大学が設置した科目を履修することができます。

自由科目

卒業単位に算入することを目的とせず、関心のある科目を履修登録できます。
.