こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 経済学部/経済学研究科ホーム
  2.  > 経済学研究科ポリシー:経済政策専攻(後期課程)

経済学研究科ポリシー

経済政策専攻(後期課程)

人材養成目的

経済学研究科博士課程(後期課程)は、長い歴史に培われてきた研究教育環境の下で、特定の研究分野とそれに関連する幅広い分野に関する深い学識と国際性に裏付けられたコミュニケーション能力を備え、経済学の研究水準の新たな理解に立って、自立的に高度な研究に取り組むことのできる人物を養成することを目的とする。

ディプロマ・ポリシー

知識
知識を学術的レベルまで抽象化しながら理解し、知の体系の中で、学問的発展を可能にする形に昇華できるようになる。

態度
社会的視点で常に物事を考え、社会の発展と人々の幸福を追求する姿勢で、専門的能力を用いながら、学術的貢献を行えるようになる。

技能
学術的発展に寄与できるだけの分析能力を身につけ、グローバルレベルで学術交流が可能な語学力を基に、世界で活躍できるようになる。

カリキュラム・ポリシー

研究者養成コース

  • 大学・研究所等の経済学関係の教員や研究者として、グローバルに活躍できる人物を養成するために、博士学位取得を目標として、論文指導演習、合同演習、選択研究科目を設置する。
  • 論文指導演習は、指導教員のもとで博士論文を執筆することを達成目標とし、「論文指導演習Ⅰ・Ⅱ」の8単位を必修とする。
  • 合同演習は、博士論文に関する研究内容について、指導教員以外の教員・院生を交えて発表することで、発表の技術と論文の質を高めることを到達目標とし、登録必須科目として設置する。
  • 選択研究科目は、博士論文を執筆するうえで必要となる周辺領域について、深い知識を得ることを到達目標とし、指導教員の同意のうえで8単位を選択履修する。

社会人特別コース

  • 企業や研究機関の社員・研究員として、もしくは大学等の教員として重ねてきた研究成果をまとめ、博士学位を取得することを目的とし、論文指導演習、合同演習、選択研究科目を設置する。
  • 論文指導演習は、指導教員のもとで博士論文を執筆することを達成目標とし、「論文指導演習Ⅰ」の4単位を必修とする。
  • 合同演習は、博士論文に関する研究内容について、指導教員以外の教員・院生を交えて発表することで、発表の技術と論文の質を高めることを到達目標とし、登録必須科目として設置する。
  • 選択研究科目は、博士論文を執筆するうえで必要となる周辺領域について、深い知識を得ることを到達目標とし、指導教員の同意のうえで4単位を選択履修する。

.