こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 経済学部/経済学研究科ホーム
  2.  > 学生ケーザイレポート
  3.  > 2012年度のレポート(反貧困と労働×働きの未来についての調査研究)

学生ケーザイレポート(2012年度)

13/03/31

反貧困と労働×働きの未来についての調査研究

近藤 秀平

反貧困と労働×働きの未来についての調査研究

私達のプロジェクトでは横浜国立大学の皆さんと合同で、
  • 大阪の釜ヶ崎と横浜の寿町をフィールドワーク
  • 大学ごとにテーマを3つ決めて調べたものを合同発表会にて発表
の2点について行いました。
1つ目のフィールドワークでは、NPO団体の方に現状を説明して頂きつつ、西と東、それぞれの地域に暮らす人々の日常生活の様子を実際に目の当たりにすることによって、書籍やインターネット等での事前学習やテレビのニュースでは見えなかったリアルを両校の生徒全員が肌で感じることができました。同時に、ある生徒が感想として、「文献だけでなく、自分の目で見ることの重要さを改めて感じた。」と述べているように、実際に見て現状を知る重要性を全員が認識していたと思います。
2つ目の合同発表会では同志社大学のテーマは
  • 京都式労働支援は全国展開すべきか?
  • 雇用の復活とワークライフバランス
  • 補助学習費による教育格差をデジタル教育が解決する
の3つのテーマについて研究しました。調査方法として、某企業にアンケート調査に協力して頂く。支援を行っている方にお話を伺うなど、文献等だけでは見えてこない現状を発表に反映させようと熱心に取り組みました。そして、横浜国立大学の生徒の前で発表することで、自分たちの成果をアウトプットする意義を学び、彼らからの質問という形で、他者の意見を取り入れ、私達の考えをより深める事ができました。同様に、横浜国立大学の生徒の皆さんの意見の発展にも貢献できたと思います。
「自分が今まで目を向けてこなかったことを知ることができ、以後視野を広く持つようにしようと考えるようになった。」とメンバーの感想にもあるように、このプロジェクトを通して得たことは、私達に変化をもたらしました。 NPO団体の皆さんなど、このプロジェクトに関わり、私達に変化のきっかけを与えて下さったすべての方々への感謝の気持ちを忘れずに今後の研究を深めていきたいと思います。
.