こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 経済学部/経済学研究科ホーム
  2.  > 学生ケーザイレポート
  3.  > 2017年度のレポート(五大学環境経済交歓セミナー開催プロジェクト)

学生ケーザイレポート(2017年度)

18/03/31

2017年度 五大学環境経済交歓セミナー開催プロジェクト

01

活動目的
当プロジェクトでは、環境経済学、エコロジー経済学、里山きゃんぱすでの実践活動を通じて、興味・関心を持ったテーマについて、約半年かけ研究を行います。プロジェクトの目的は、五大学環境経済交歓セミナーの名の下に環境経済学、エコロジー経済学を学ぶ学生が集まり、それぞれが研究内容を論文で報告し、各大学の先生方からご講評をいただくことです。さらに、卒業論文作成に向け、各々が課題を見出し、論文内容の深化を目指します。
活動内容
2017年12月16日に慶應義塾大学三田キャンパスにて開催されました。各大学から1~3本の論文が発表され、同志社大学からは2本の論文を発表しました。 また論文作成のために8月22日から27日の6日間、ベトナム・ハノイ市を訪問しました。

活動を通じての感想
[活動を通してメンバーが得たこと]
ベトナムのハノイ市を訪問した際には、その費用(飛行機代、宿泊費)の一部を当プロジェクトで補助していただきました。これは学生の立場として非常にありがたいことでしたし、また補助していただいたことで、日常生活の中では得ることのできない経験をすることができました。こうした経験は私にとって一生の財産となるもので、そこに当プロジェクトに参加した意義というものがあったのだと感じます。
[社会や他者へ還元できたこと]
半年間の研究成果を多数の学生方の前で発表しました。その発表は多少なりとも他の方々への刺激になったのではと信じています。
[その他感想など]
感想としては、プロジェクトの主目的が論文作成であったこともあり、学部3回生のタイミングで長論文を書く機会を得ることができたことが私にとって大きなことであったと思います。来年度以降も当プロジェクトおよびそれと関連するプロジェクトが続いていく、ないし立てられることを強く望みます。

.