こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 経済学部/経済学研究科ホーム
  2.  > 学生ケーザイレポート
  3.  > 2016年度のレポート(リアルなビジネスの魅力に触れる~学生視点の企画・宣伝・販売を通して~)

学生ケーザイレポート(2016年度)

17/03/31

リアルなビジネスの魅力に触れる~学生視点の企画・宣伝・販売を通して~

22

このプロジェクトはレストランのオーナーシェフに協力いただき教科書には書かれていないリアルなビジネスに触れながら学生視点で企画し実現することを目的に半年間活動しました。これまで経済についていろいろと学んできたものの、それは教科書の上での話であり理論的なこと中心だったため、実践的なことは学べていませんでした。

今回協力していただけるお店は西院にあり、一人当たりの客単価が高く、シェフのポリシーによりメディアを通しての宣伝はあえてほとんど行っていません。ビジネスに触れるという目的の中で、当店の課題『18時~21時の客数の増加』に取り組むことは様々な企画や宣伝活動を行う際に工夫が求められました。
どのようにしてお店は利益を確保できるのか?仕入れから販売までの流れはどうなっているのか?どうしたらお客さんがリピートしてくれるのか?など、客のニーズに応えた販売促進、商品開発、宣伝活動など、理論だけでは説明できない、ビジネスをする上で大切なことを、実際のお店で見て、聞いて、体験して、プロジェクト全体を通して学ぶことができました。具体的に挙げると、集客のためのイベントを企画し、その際ゲスト講師を招いたり、コース料理を考え販売しました。上記を実現するための宣伝活動・チラシ・フリーペーパーの掲載なども行いました。

レストランのシェフとシェフの周囲の人々、前述の企画でお呼びするゲスト、スキルアップのためにお招きする講師など、数多くの社会人の方々と接することで、通常の学生生活では持てない視点で物事を考えられ、視野を広げられました。
イベントの企画、商品開発、宣伝活動の三つにメンバーを分けることでグループ活動において適材適所の役割分担などチームで協力することを学んだり、将来自分たちが何をしたいかを考えるきっかけになりました。
このプロジェクト全体を通しての経験を将来社会に出た時に生かしていきたいと思います。


.