こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 経済学部/経済学研究科ホーム
  2.  > 学生ケーザイレポート
  3.  > 2016年度のレポート(シンガポールの経済発展は日本に活かせるのか)

学生ケーザイレポート(2016年度)

17/03/31

シンガポールの経済発展は日本に活かせるのか

28

 私たちは本プロジェクトにおいて「シンガポールの経済発展は日本に生かせるのか」というテーマのもとシンガポールにある日系企業の方に訪問させていただきフィールドワークを行いました。シンガポールという国を選択した理由は3つあります。まず1つ目は「シンガポールは現在アジアの中でも優秀な経済発展を遂げた国であると注目されている」という点、次に「ASEAN地域からの積極的な外国人労働者の受け入れを行っている」という点、最後に「主要産業が運輸業、通信業などの知識集約型産業が発展した産業構造を取っている」という点です。これらを踏まえ私たちはNECと日本通運に訪問させていただきました。
 NECを通してはシンガポールの観光立国としての発展やASEANでのテロ増加に伴い、政府はローカル企業ではなく日本の高度なセキュリティ技術を活用し万全の準備をしているということが分かりました。この点は日本が将来外国人労働者の受け入れの拡大や観光立国を目指すのであれば、シンガポールのセキュリティ技術の充実さは参考になるのではないかと感じました。
 日本通運を通しては日本通運のサービスはシンガポールの中でも最高ランクを獲得しているほどのハイクオリティなサービスを提供しており、同業者との差別化を図ることができていることが分かりました。日本の質の高いサービスは海外でも評価は高いため、これからもその精神を忘れず、質の高いサービスを提供する必要があると感じました。
 この2社の訪問を通じて私たちが日本に活かせると考えたポイントは観光立国としての発展、外国人労働者などの受け入れのためのセキュリティ充実の必要性と若い海外の労働者を受け入れることで少子高齢化への対策になるということ。日本の質の高いサービスの継承がこれからの日本の経済発展のポイントになるのではないかと考えました

.