こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 経済学部/経済学研究科ホーム
  2.  > 専任教員紹介
  3.  > 北坂 真一

専任教員紹介

北坂 真一 Shinichi Kitasaka

研究テーマ現代日本経済の計量経済学的研究
研究室良心館580号室
演習(ゼミ)紹介日本経済の実証分析
詳細研究者データベース(オリジナルサイト)
北坂 真一
私が取り組んでいる研究は、理論経済学(マクロ経済学)や計量経済学といった分野で開発された分析道具(経済モデルや推定・検定方法)を使って日本や世界の経済を分析し、その状況を改善するにはどのような政策が必要であるかを検討することです。

こうした私の研究を、一般の人にも分かるようにまとめたのが、『現代日本経済入門』(東洋経済新報社)という本です。そこでは、次のような問題を議論しています。

  1. 株価や地価はどのような要因で決まり、どのように変動しているのだろうか。また、マスコミでよく取り上げられる「バブル」とは何だろうか。
  2. 一国の所得水準は、どのようにして決まるのだろうか。また日本銀行の金融政策は、どのように影響するのだろうか。
  3. 80年代のバブル景気と90年代の不況は、どのようなメカニズムで発生したのだろうか。地価の変動や銀行の行動はどのような役割を果たしたのだろうか。
  4. 日本経済に対して様々な政策が提案されているが、それらをどのように整理して理解すればよいの だろうか。

現実の経済問題は非常に複雑ですが、経済学はそれを正しく理解し、その困難を解決するために役立つ有益なツールだと思います。

学生へのメッセージ

人生の中で、大学生として過ごす時間はとても貴重で、その後の方向を大きく決めることになります。何でも積極的に取り組み、有意義な時間となるように意識してください。

演習(ゼミ)

演習テーマ:日本経済の実証分析

この演習では、ゼミ生の主体的な報告や議論を通じて、現実の経済について広く学びたいと思います。その時に、特にデータに基づいて経済を理解し、データを利用して独自の分析を進めることを重視します。このためには、マクロ・ミクロなど経済理論の基礎知識や、日本経済や世界経済への幅広い関心、そして実証分析に必要な分析手法(統計学や計量経済学、コンピューターの利用)の習得が必要です。こうした課題を、演習のプログラムに織り込む予定です。

今のところ、次のような内容を考えています。

2年次演習日本経済や世界経済に関して、知識を深める文献や新聞記事の紹介、あるいは統計学や計量経済学の基本文献の輪読。なお、ゼミ生には秋学期に開講される「計量経済学」の履修を義務付けます。
3年次演習前半は、各ゼミ生が決めた研究テーマに関する先行研究の紹介や、実証分析に必要なコンピューター・ソフトウエアに関する文献の輪読、後半はゼミ生によるオリジナルな実証分析の報告。なお、学年末にゼミレポートの提出を義務付けます。
卒業研究各ゼミ生の研究テーマに基づく卒業論文の作成と報告。
2年次演習
 
[履修条件]
初級ミクロ経済学、初級マクロ経済学、統計
3年次演習
 
[履修条件]
計量経済学
卒業研究
 
[履修条件]
経済予測 

関連する科目

既修・併修を強く勧める科目
 
 
既修・併修が望ましい科目
 
 

関連する演習

 

学生による「私のゼミ紹介」

 
.