こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 経済学部/経済学研究科ホーム
  2.  > 専任教員紹介
  3.  > 小林 千春

専任教員紹介

小林 千春 Chiharu Kobayashi

研究テーマネットワーク産業に関する経済分析
研究室良心館369号室
演習(ゼミ)紹介ネットワーク産業と日本経済
詳細研究者データベース(オリジナルサイト)
小林 千春
私は、ネットワーク産業に関する経済分析に取り組んでいます。私の研究の1つの柱は、ネットワーク産業について、実際のデータ及び計量経済学の手法を用いて実証的に分析することです。例えば、電力産業について①料金規制の下で効率的な生産が行われているかどうか、②日本と諸外国の電気事業の費用構造にどのような違いが存在するか、③規模の経済性が存在するかどうか、といったテーマに取り組んできました。研究のもう1つの柱は、理論的研究です。最近注目されている概念として、「ネットワーク効果」というものがあります。こうしたネットワーク効果や規制改革などが企業行動や競争優位にどのような影響を与えるのか、といった点について分析しています。

ネットワーク産業を理論と実証の両面から分析することによって、ネットワーク産業の今後のあるべき姿について何らかの提言が出来れば、と思いながら研究を行っています。

学生へのメッセージ

大学時代に論理的思考能力を育成し、問題の本質を見極める目を養って下さい。経済学的な考え方は、即効性はなくても社会に出てから必ず役に立つはずです。

演習(ゼミ)

演習テーマ:ネットワーク産業と日本経済

本演習では、ネットワーク産業を中心に日本経済の現状や諸課題について、主としてミクロ経済学や産業組織論の手法などを用いて分析します。文献精読により基礎的な内容を勉強した後で、グループワークや討論、個人研究などを通して、研究内容を深めていきます。
2年次演習
「規制改革とネットワーク産業」というテーマを主に勉強する予定です。演習では、基本的な文献を輪読することで、政府規制の根拠、規制改革の進展、問題点などに関する理解を深めていきます。また、グループに分かれて、自分たちでテーマを選び、相互学習、プレゼンテーションを行います。
[履修条件]
「初級ミクロ経済学」を履修済みであることが望ましい。
3年次演習
ネットワーク産業及び日本経済の現状や諸課題について、主としてミクロ経済学や産業組織論の手法などを用いて分析します。演習では、関連文献の輪読、 ディベート、グループに分かれての共同研究などを行います。共同研究では、各グループでテーマを設定し、共同作業をしながら研究を進めます。
[履修条件]
「初級ミクロ経済学」を履修済みであることが望ましい。
卒業研究
2年次演習や3年次演習での学習を踏まえて、各自が選択したテーマについて研究を行い、卒業論文を作成することを目的とします。卒業研究では、テーマに関連した基本的な文献の発表、中間報告、最終報告などのステップを踏みながら、卒業論文を完成させます。
[履修条件]
3年次演習2〔小林〕を履修済みであることが望ましい。

関連する科目

既修・併修を強く勧める科目
  • 初級ミクロ経済学

  • 産業組織

既修・併修が望ましい科目
  • 中級ミクロ経済学
  • 統計
  • 統計実習

  • 企業経済
  • 計量経済学

関連する演習

 

学生による「私のゼミ紹介」

 
.