こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 経済学部/経済学研究科ホーム
  2.  > 専任教員紹介
  3.  > 宮澤 和俊

専任教員紹介

宮澤 和俊 Kazutoshi Miyazawa

研究テーマ少子高齢化のマクロ経済効果・社会保障の制度改革
研究室良心館466号室
演習(ゼミ)紹介公共経済
詳細研究者データベース(オリジナルサイト)
宮澤 和俊
少子高齢化という急激な人口動態変化にどのように対処すべきか、豊かさを実感できる高齢社会とはどのような社会か、そして目標達成のためにはどのような政策が必要か、という問題は先進諸国が共通に抱えている問題の1つである。

こうした問題を解決するためには、少子高齢化がなぜ起こるのか、まずその要因を究明し、次に、どのようなしくみで経済に影響を及ぼすのかを理論的に分析する必要がある。

たとえば、医療技術が進歩し寿命が延びることは、それ自体、豊かさの象徴である。しかし、高齢期の所得をどのように保障するのか、医療や介護の費用を誰がどのくらい負担するのかなど、さまざまな問題も生じてくる。

少子高齢化を経済学の枠組みで分析するには、ミクロとマクロという複眼的な視点が必要だろう。ミクロ的視点としては、家族を経済主体として出生や婚姻行動などを分析する家族の経済学を応用する。マクロ的視点としては、直接的には、労働供給の変化にともなう労働市場への影響がある。また、人口規模や人口構成が変化すると総貯蓄も変化するため資本市場にも影響を及ぼすだろう。

労働生産性への影響も無視できない。少子化にともない労働人口が減少すると、そのままでは国民所得水準が低下する。所得水準を維持さらには上昇させるためには、個々の労働者の技能を引き上げる必要がある。少子高齢化が労働生産性を改善する方向に作用するのかどうかは議論の余地がある。

既存の年金、医療、介護、雇用保険などの社会保障が現在の少子高齢化に対応した制度なのかどうかも大きな問題である。少子高齢化の要因分析とその経済効果、そして既存制度の評価を総合的に研究することにより、解決の糸口がみえてくるだろう。

学生へのメッセージ

どうすれば幸せになれるのか、どうすれば世代間の利害対立をなくせるのか、政府は何をすべきか、といった問題の解決策を皆さんと一緒に見つけ出しましょう。明晰な判断力と思いやりの心があれば大丈夫。

演習(ゼミ)

演習テーマ:公共経済

社会資本とは何か、日本の公共投資は過大なのか、規制緩和は万能薬か、公共料金はどのように決められるのか、高齢社会にどのように対応すべきか、所得格差は拡大しているのか、地方分権の功罪は何か、といった公共経済のテーマを理論的、実証的に研究する。

演習はグループ単位の調査、報告、質疑応答により進められる。共同作業を通してゼミに貢献できるような学生が望ましい。
2年次演習
テキストを用いて公共経済学の理論を学ぶ。
小川光,西森晃,「公共経済学」,中央経済社
[履修条件]
3年次演習
公共経済学の理論を学ぶとともに,実証研究の分析手法を学ぶ。
夏合宿において,「家族」に関する調査結果を報告する。
[履修条件]
原則として、2年次演習単位取得者に限る。
卒業研究
研究成果を卒業論文にまとめ提出する.
秋学期のゼミ合宿に参加し,卒業論文の主要な1章を報告する.
[履修条件]
原則として、3年次演習単位取得者に限る。

関連する科目

既修・併修を強く勧める科目
  • 公共経済学
  • 初級マクロ経済学

  • 初級ミクロ経済学

既修・併修が望ましい科目
  • 中級ミクロ経済学

  • 中級マクロ経済学

履修を勧める3年次演習関連科目

関連する演習

 

学生による「私のゼミ紹介」

 
.