こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 経済学部/経済学研究科ホーム
  2.  > 専任教員紹介
  3.  > 奥田 以在

専任教員紹介

奥田 以在 Iari Okuda

研究テーマ近代日本都市史(特に都市コミュニティの研究)
研究室良心館477号室
演習(ゼミ)紹介ものづくり・文化を支える職人の調査・研究-職人さんと現代社会-
詳細研究者データベース(オリジナルサイト)
奥田 以在
都市といった場合には、経済活動や行政による活動がイメージとして出てくるかもしれませんが、一方で都市は生活の場でもあります。つまり、経済活動・行政による活動・生活のそれぞれが相互に関係を持ちながら、都市は構成されています。私は、その中で都市生活や都市住民のコミュニティに着目しながら、それが時代の社会経済状況の変化によってどのように変化していったのかということを歴史的に研究しています。

私が主として研究している時代は近代、特に明治中期から昭和初期で、これまでは京都を中心に研究してきました。近代の京都は、東京遷都によるダメージから立ち直るべく、様々な変化を経験しますが、そのなかで都市での生活や人々の関係はどのように変化していったのか、ということを京都の最小の都市コミュニティである「町」(チョウ)を対象として分析しています。

演習テーマである職人については、これまで多くの職人さんに出会い、聞き取りを行ってきました。その中で、職人を通して現代を知る必要を痛感しています。我々の暮らしとものとの付き合い方というのは、実は時代を映す鏡なのではないか、ということです。また、職人というと変化がない世界のように感じるかもしれませんが、実は技術もつくり出すモノも変化をしています。職人の世代も変わっていきます。そういった職人世界の動的な部分(もちろん静的な部分もしっかりとあるのですが)にも着目する必要があるのではないかと思い、日々考えています。

学生へのメッセージ

京都は学生のまちと言われます。京都の人々は学生に対して、寛容なところがあるような気がします(もちろん羽目を外しすぎては怒られます)。そんな環境ですから、大いに京都の町を歩いて、飛び込んで、色んな人に出会ってください。

演習(ゼミ)

演習テーマ:京都の職人や老舗に関する研究-現代社会と京都のものづくりや文化を取り巻く世界-

ものづくりの元を辿っていけば、そこには手仕事の職人がいる。文化も職人のつくり出す道具がなければならない。現代においてもやはり、我々の生活の基底には手仕事が存在する。このことは、一見当たり前のようだが、見落としがちである。

時代の変化、社会経済状況の変化、人々の生活の変化、人々のメンタリティの変化といった様々な変化の中で、職人を志す動機や職人としての成長過程、職人としてのあり方、ものづくりの技術は、どのように変化してきたのであろうか。また、変化しない部分や変えてはいけない部分はどこなのであろうか。職人を取り巻く環境について考察しつつ、個々のライフヒストリーや技術論、職人同士の繋がりなども丹念に聞き取りさせて頂くことで、一歩踏み込んだ職人世界、職人世界の変化について少しでも理解したい。そして、職人世界を通して現代社会を知り、次代のものづくりのあり方についても考えたい。

また、京都には創業100年を超える老舗が数多く存在する。現代は勿論、過去においても時代は激しく変化してきたはずである。それは京都においても同様である。では、長く続く老舗は、そういった時代の荒波をどうやって乗り越えてきたのであろうか。さらに、現代の経済社会の中でどのように時代に適応し、時代を切り開いているのだろうか。我々は、その哲学についても学ばせて頂きたいと思っている。

なお、この演習ではグループでのフィールドワークを活動の中心とする。そのため、演習時間外の活動がかなり多くなる。加えて、合宿や報告会、その他の行事なども行うため、ゼミ活動にかなりの時間が割かれることを覚悟して頂きたい。また、グループで1つのテーマを調査するため、自分の希望するテーマにならない可能性がある。そして、グループワークや学外での調査という性格もあり、身勝手なことに対してかなり厳しいこともあらかじめお伝えしておく。

2年次演習
2年次演習では、いくつかの書籍を輪読し、報告と議論を重ねながら職人世界について少し学びたい。また、聞き取り調査のあり方についても考え、フィールドワークに出るための準備を進める。最終的には、今後の研究テーマを決めることを目標としている。テキストとして鷲田清一『京都の平熱』(講談社學術文庫、2013年)、永六輔『職人』(岩波新書、1996 年)を予定している。なお、フィールドワークや報告などはグループで行ってもらう。
[履修条件]
2017年度の2年次演習に演習関連科目は設定していない。
3年次演習
3年次演習は、2年次演習で決定した研究テーマに基づき、とにかくフィールドに出て調査を数多く行ってもらう。併せて、文献による研究も行い、調査が円滑に進むように準備する。聞き取りを丹念に行って、データ整理と分析を繰り返し、各々のテーマの全体像についてある程度のイメージを掴みつつ、理解を深めたい。3年生の最後には中間報告会を行い、調査内容を一定程度整理してもらう。なお、3年生は行事などについても中心となって運営してもらうため、かなり忙しくなる。
[履修条件]
2017年度の受講生は、3年次演習関連科目1 「職人の近現代史1」および3年次演習関連科目2「職人の近現代史2」を必ず履修すること。次年度も同様の予定。
卒業研究
3年次演習の中間報告会の成果を踏まえて調査を継続し、客観的な分析を進める。その中で浮かび上がってくる問題についてさらに調査を進め、ときには調査対象を広げながら、卒業研究としての完成を目指す。卒業研究はグループで1つの論文を執筆する。発表頻度も増え、ますます忙しくなる。
[履修条件]
2017年度の受講生は、卒業研究関連科目2「ものづくりと京都の歴史」を必ず履修すること。次年度も同様の予定。

関連する科目

既修・併修を強く勧める科目
 
 
既修・併修が望ましい科目
 
 
履修を勧める3年次演習関連科目
履修を勧める卒業研究関連科目

関連する演習

 

学生による「私のゼミ紹介」

  私たちの行っているフィールドワークは自分たちで活動の根幹となるテーマを決め、月1回の発表に備えて、頻度は月に2回程度、班ごとにフィールドワーク先を選び、直接相手先にアポイントメントを取ります。この段階で断られることもしばしばあります。すべてを通して失礼のないように細心の注意を払うため、社会で生きていくために必要な礼儀やコミュニケーション能力などを身につけることが求められます。また2年半同じグループでの活動がメインになるため、協調性が必要となります。全体を通して情報共有が重要となり、フィールドワークや発表の準備のために費やす授業時間外の活動も多くなります。
フィールドワークを重ねていく中で仕事内容を伺うだけでなく、職人になるきっかけや仕事のやりがいについて直接伺うことで、ものづくりの厳しさやそれまでの日常生活の中では気づけていなかった新たな魅力を肌で感じています。ゼミに入った当初は職人さんに対して寡黙で、気難しいイメージを持っていましたが、フィールドワークを進めていく中で、とても気さくで柔軟な考え方を持った職人さんと関わり、職人さんに対するイメージも大きく変わりました。職人さんのものづくりに対する熱意に触れ、知識が増えることによって、さらに知りたい、やりたいという思いが意欲的な行動に繋がっています。
 
 合宿やEVE出店、縦コンなど様々なイベントがあります。イベントの運営においては準備の段階、話し合いの段階が最も重要であり、連絡を綿密に取り合う必要があります。全員が各企画に割り振られ、細かいところまで検討します。「これでいい」ではなくて「これがいい」とみんなが納得できるものを追求していかなければならないので苦しさがつきものです。何事においてもメリハリがなかったり、さぼったり、妥協をすると先生からのお叱りを受けます。様々な困難を1つ1つ乗り越え、みんなで成長していきます。

 先生は、見た目はちょっぴり怖いし、にじみ出るオーラがすごいですが、気さくでよく笑い、情に厚い人です。学生1人1人と真剣に向き合い、親身になって考えてくれます。でも、気を付けたほうがいいですよ…。
(2017年度3回生 説明会メンバー一同)

過去のOne purposeの記事
http://www.doshisha.ac.jp/attach/page/OFFICIAL-PAGE-JA-494/82634/file/no189.pdf
(より詳しいゼミ活動と2016年度卒業生の声を知りたい方はこちらをご覧ください。)


.