こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 経済学部/経済学研究科ホーム
  2.  > 専任教員紹介
  3.  > 大野 隆

専任教員紹介

大野 隆 Takashi Ohno

研究テーマ政治経済学・非主流派マクロ経済学(Analytical Political Economy)
研究室良心館575号室
演習(ゼミ)紹介資本主義をとことん考えよう!
詳細
大野 隆
雇用の決定権をもつ資本家(経営者)が、利潤追求のために機械を導入して、労働者の合理化を行う点に着目し、研究を進めてきました。このような視点から研究に取り掛かろうとしたのは、「なぜ失業がなくならないのか?」という素朴な疑問からでした。新聞では、新技術の開発による労働者のリストラ(合理化)の記事が目立っているさなか、一般的に言われる「労働者の賃金が高いや、景気が悪い(需要が少ない)」という説明だけでは納得できず、企業が新たに機械を導入して労働者を削減する合理化の影響を考察したいと考えるようになりました。

失業を考える場合、短期という資本ストック(機械)の変化を考慮しない期間で、通常、分析を行います。他方、資本ストック(機械)の変化を考慮する長期では、失業を想定しません。私は、資本ストック(機械)の変化を介して成長や雇用に与える中期という期間に注目し、資本ストック(機械)と雇用の関係を研究しています。具体的には、約10年という期間を念頭に、インフレ、経済停滞、金融制度、労使交渉制度が、資本ストック(機械)と労働の選択問題や企業行動を通じて、経済成長率、失業率にどのような影響をあたえるかを理論的に考察しています。

政治経済学の中の非主流派マクロ経済学(Analytical Political Economy)が専門領域です。今後は、いままでの成果をもとに、景気循環や格差の拡大といった、資本主義経済で必然的に発生する諸問題を考察し続けて行く予定です。

また、若手の後継者養成を目的としたSummer School on Analytical Political Economyに携わっています。このスクールの企画目的は、この分野に従事する、国際的にも通用する先端的研究者の育成に寄与する事です。大学院に興味ある方は是非ご参加ください。

学生へのメッセージ

 経済学を専門にしていますが、基本は自分の興味の赴くままに行動しています。学生の皆さんは、大学では「よく学び・よく遊べ」を実践し、様々なことに挑戦してください。「よく学び」の面では、答えのない問に対して、問題意識(アンテナ)を持ち、先行研究をまとめ、自分自身で仮説を打ち立てる。そして、その仮説を、データや理論を用いて論理的に証明し、論文にまとめ、わかりやすく発表し興味を持ってもらう、という一連の論文作成過程を実際にやってみましょう。大学で学んだことは直接的に社会で役に立つわけではありませんが、このような学問的過程で得られる情報収集力、分析力、説明力は、卒業後の日々の生活・仕事に応用可能で、それは豊かな人生につながるはずです。
 私も、研究だけではなく、日々の買い物、旅行の計画、趣味(食べ歩き、その他)にも活用しているはずですが、それがうまく活かしきれているかどうかは、また別の話。。。

演習(ゼミ)

演習テーマ:資本主義をとことん考えよう!

 ピケティの「21世紀の資本」が世界中でベストセラーとなり、資本主義という経済システムに再度注目が集まっています。資本主義経済は、我々の生活を飛躍的に豊かにした良い面とともに、貧富の格差の拡大といった負の側面もあります。それだけではなく、正規・非正規労働、不況、南北格差の拡大、ブラック企業(バイト)、バブル経済、環境汚染といった様々な問題も引き起こしています。これらを資本主義経済特有の問題として、生産と分配の観点から経済分析を行う学問領域を政治経済学といいます。

 本ゼミでは、政治経済学の視点から理論・データの両面を用いて「資本主義をとことん考える」ことを通じて、現代社会を考察することを目的にします。最初はテキストの輪読から始めますが、政治経済学で学んだことをベースに論文作成を繰り返して論理力と分析力を向上させます。また、同時にアカデミックな様々な技法(論文の書き方、プレゼンテーションのポイント、レジュメの作り方、アンケート・統計処理のやり方など)を会得します。これらの成果は、立命館大学とのインカレや、政治経済学系のインカレ(本学で開催するUCPE)で積極的に発表します。

 本ゼミは、政治経済学系の領域で大学院に進学を希望する方だけではなく、所得格差、景気循環、南北格差、といった政治経済学のトピックスに興味がある人、かつ、論文を書くことを通じて、「思いつきで意見を言うのではなく、自分の感性をベースに分析したことを論理的に言う」ことができるようになりたい人と一緒に学ぶことを希望します。

卒業式で、「このゼミに入ったのは正解だった」と言ってもらえるように教員も頑張りますが、他方、「この人がゼミに入ってくれてよかった」と教員に思わせる気概のある学生と一緒にいいゼミを作っていきたいと思います。

キーワード:景気循環、所得格差、効率と公平、南北格差、グローバルバリューチェーン(GVC)、フェアトレード、エアラインとの旅意識調査プロジェクト

2年次演習
「2年次演習」では、テキストの輪読によって、政治経済学の基礎を学びます。それとともに、アカデミックな様々な技法(論文の書き方、プレゼンテーションのポイント、レジュメの作り方、アンケート・統計処理のやり方など)を、論文執筆を通じて学びます。具体的には上回生のテーマを参考に、グループで論文を執筆し、論文執筆の型を会得します。

昨年のテーマ:フェアトレード、GVCとしての鴻海、北陸新幹線開業の経済効果分析、汚職と経済成長

[履修条件]
3年次演習
「3年次演習」では、テキストの輪読とともに、2~3名のグループで自らの選んだテーマで論文を執筆し、論理力と分析力の向上を目指します。執筆した論文は、政治経済学学生ゼミナール大会(UCPE)で発表します。

昨年のテーマ:フェアトレード、地域格差、格差と経済成長、アジアの経済発展、各国の制度比較、旅意識調査

[履修条件]
卒業研究
「卒業研究」では、今まで培った論理力と分析力をもとに、独力で卒業論文を執筆します。


[履修条件]

関連する科目

既修・併修を強く勧める科目
  • 政治経済学
  • 現代資本主義

  • 社会政策
  • 経済学の歴史

既修・併修が望ましい科目
 
 
履修を勧める2年次演習関連科目
履修を勧める3年次演習関連科目

関連する演習

学生による「私のゼミ紹介」

あなたはスティーブ・ジョブスの「点と点を結ぶ」話を知っていますか?
彼は、大学時代に興味のあったカリグラフ講義(文字のレタリングに関する授業)に潜り込みました。そこで彼はレタリングの魅力にどんどん引き込まれていきました。彼自身は、講義を受けているときは何の役に立つかそのときはわかっていませんでした。しかし、その知識が美しいフォントを持つコンピューターの誕生につながるとは思ってもいませんでした。レタリングの知識の点とコンピューターの知識の点を結びつけることによって世紀の大発明を成し遂げました。このことは、大野ゼミのメインである論文執筆の過程に通ずるものがあります。それは後ほど説明しますね。まずはゼミ生によるゼミの説明をQ&A形式で行っていきます。

Q ゼミで何に取り組みますか?
A.大野ゼミでは、政治経済学を学ぶとともに論文を執筆することを通じてアカデミックリテラシーを身につけます。そして、最終的には、一人で様々な社会的問題に対して、学問的な観点で自分の意見を持つこと目標としています。

Qゼミのテーマである政治経済学とは何ですか?
A.政治経済学とは、資本主義経済特有の問題を生産と分配の面から経済分析を行う学問です。とても難しい学問分野かと思うかもしれませんが、実はわたしたちの生活に密接に関わる問題を明らかにしてくれます。その範囲は貧困問題から正規・非正規雇用問題、景気循環まで多岐に渡ります。詳しく知りたい方は木曜4限の政治経済学を受講しに来てください(笑)

Q.ゼミのスケジュールはどのようになっていますか?ゼミではどのような活動をしますか?
A.二回生の間は経済理論に関するテキストの輪読をします。グループで一つの章を担当し、パワーポイントを用いてゼミ生と先生に説明をします。今まで学習してきた経済理論の学び直しをし、論文を執筆するときに必要な経済学的分析ツールを身につけます。二回生の秋には論文の書き方のイメージを掴むために三人一組でリサーチペーパーを書き上げます。

三回生になると本格的に論文執筆がスタートします。三回生は二人、四回生には卒論という形で一人で論文を執筆します。各自がそれぞれのテーマを決め、一年間かけて書き上げます。テーマは、仮想通貨や技術革新、シェアリングエコノミーなど各自が興味のあることを設定します。テーマを設定した後は、そのテーマが過去にどのように扱われてきたか?を知るために先行研究を読みます。また、その本質は何かなど各自で問いを深め、テーマについてどんどん知識を増やしていきます。そして、自分たちなりの仮説を立て、立証するのが一連の流れです。

ここで、先程のスティーブ・ジョブスの話を思い出して下さい。彼はレタリング知識の点とコンピューター知識の点を結びつけることで、世界に新しい価値を提供しました。論文においても同じことが言えます。自分で得た知識・価値観などを結び合わせて、自ら新しい価値を論文を執筆するという方法で提示することと類似しています。

論文を書き上げることは一筋縄ではいかず、苦労することが多々あります。しかし、論文を執筆するという作業を通して、学問的観点から自分なりの意見を持てるようになったり、自分の考えを形にして第三者に説得力をもって伝える力を身につけることは必ず将来、社会に出るときに必要な力だと就活を経験された先輩方はおっしゃっています。

また、ゼミ生の個性と能力に応じた先生の助言や、学生ととことん向き合ってくれる環境は大野ゼミの大きな特徴でもあります。

ゼミ生からの一言!
大野ゼミでは、自分の興味のあることをとことん研究したい人、今の環境に満足していない人、学生生活のうちで胸をはってやりきった!と言える経験が欲しい人、ゼミ活動を通じて自分を成長させたい人など、少しでも大野ゼミに興味を持った方はぜひ説明会やゼミ見学に足を運んでみて下さい!個性豊かなゼミ生一同お待ちしています!
.