こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 経済学部/経済学研究科ホーム
  2.  > 専任教員紹介
  3.  > 鹿野 嘉昭

専任教員紹介

鹿野 嘉昭 Yoshiaki Shikano

研究テーマ日本経済と金融
研究室良心館569号室
演習(ゼミ)紹介日本経済と金融
詳細研究者データベース(オリジナルサイト)
鹿野 嘉昭
日本経済のありようについて、主として金融制度とのかかわりで研究しています。たとえば、日本的経営のひとつとされるメインバンク関係が日本経済の成長・発展に対しどのようなかたちで寄与してきたのかとか、不良債権問題が日本経済に及ぼした影響などについて研究を進めてきました。現在は、中小企業信用情報リスクデータベースを利用して、日本の中小企業の経営財務実態に関する分析を進めています。その過程では、日本の中小企業の平均的な姿は従業員数6名など、われわれの一般的なイメージと比較してはるかに規模が小さいことや財務基盤が脆弱なことが明らかになってきました。このテーマは非常に興味深いので、書籍として取りまとめることとし、2008年2月に『日本の中小企業-CRDデータにみる経営と財務の実像-』(東洋経済新報社)を刊行しました。

学生へのメッセージ

何事にも興味を持って、フレッシュな気持ちで臨んでください。

演習(ゼミ)

演習テーマ:日本経済と金融

経済の成長・発展を促すうえで金融はきわめて重要な役割を担っています。また、家計による資産の運用、企業による資金調達のほか、電子マネーの普及など、お金の流れ方はさまざまですが、それらは金融制度のあり方や金融政策の運営状況とも密接に関連しています。このように経済のあり方を考えるうえで欠くことのできない金融、金融制度および金融政策の意味とその機能や役割について、日本経済を題材として幅広く研究することを狙いとしています。具体的には、金融に関する基本的な考え方を学んだあと、日本の金融制度に関する知見を得ることや金融政策運営の実際について理解を深めることができればと考えております。
2年次演習
日本経済の動きを理解するうえで必要とされる経済学の考え方を整理するとともに、金融に関する考え方の基本を学びます。すなわち、ミクロ経済学およびマクロ経済学の基本的な考え方を復習したあと、経済学あるいは金融に関する入門書をテキストに用いて経済学あるいは金融の考え方を理解することに努めます。
[履修条件]
日本経済入門・初級ミクロ経済学・初級マクロ経済学を履修済みであること。
3年次演習
金融論のテキストとして国際的に評価の高いF. Mishikin The Economics of Money, Banking, and Financial Marketsを輪読し、金融に関する基本的な概念や考え方を整理します。次いで、池尾和人著『連続講義・デフレと金融政策』を輪読した後、日本の金融制度の今後の方向や日本銀行による金融政策の運営状況についての知見を得ることを目的とします。
[履修条件]
金融、現代日本経済を履修登録すること。
卒業研究
3年次演習で学んだテーマ、あるいは日本経済と金融に関連するトピックについて演習参加者が自らの考え方を卒業論文として仕上げることを目的とします。
[履修条件]

関連する科目

既修・併修を強く勧める科目
 
 
既修・併修が望ましい科目
 
 

関連する演習

 

学生による「私のゼミ紹介」

 
.