こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 経済学部/経済学研究科ホーム
  2.  > 専任教員紹介
  3.  > 高井 才明

専任教員紹介

高井 才明 Toshiaki Takai

研究テーマ情報システムの社会科学分野への応用
研究室良心館573号室
演習(ゼミ)紹介ビジネス情報システム
詳細研究者データベース(オリジナルサイト)
高井 才明
我々は今、ICT(情報通信技術:Information and Communication Technology)社会に生きています。職場や学校、各家庭に当たり前にパソコンがあり、通勤・通学の途上に携帯電話からホームページやメールを利用し、PDAを手帳代わりに使い、ICカードで買い物をしたり電車に乗ったりします。こうした技術やサービスは、偶然に出来てきたものではなく、人間の生活を便利にするために考えられて創られてきました。

1つの情報サービスが提供されるまでには、沢山の人々が関わっています。たとえば、基礎的な技術を開発する人、その技術を組み合わせて1つの基礎的なシステムを構築する人、そのシステムを応用したサービスを考える人、そのサービスを商品として完成させる人などです。これらの人々は、共通の知識や技能も持っていますが、それぞれの役割に応じた専門的な知識や技能も持っています。

このうち、基礎的な技術の開発は主に理工系の人の仕事ですが、それらの技術をどのように社会や経済に応用していくかを考えるのは、我々社会科学系の人間の役割です。

私の研究を平たく言えば、「社会や企業において情報技術をいかに活用すべきか、また、それらの技術によって我々の活動や生活にどのような影響があるのかを考える」ことです。とりわけ、ビジネス分野、教育分野における情報技術の応用についてこれまで研究してきました。ビジネス分野では、経済・経営系情報システムの概念、設計・構築に関する研究、教育分野では、情報技術による教育の高度化に関する研究を行っています。

学生へのメッセージ

大学で勉強する経済学や情報技術、語学などの知識・技能は、ビジネスの世界ではいまや必須の能力ですが、大学生活でしかできない様々な経験は、それらと同じくらい社会に出てから皆さんを支えることになるはずです。短くて長い大学生活を存分に満喫してください。

演習(ゼミ)

演習テーマ:ビジネス情報システムの研究

今や、私たちの生活に情報システムは必要不可欠なものとなっています。スマートフォンやインターネットによる各種サービス、銀行のATM、コンビニのPOSシステムなど、私たちは当たり前のように利用しています。普段、私たちはこうした与えられたシステムを利用する立場にありますが、大学を卒業して、企業に就職したとたんに今度はこうしたサービスを提供する立場になります。現在、システムを実際に構築するエンジニアはもちろん、エンジニアが構築したシステムのうちどれが優れているのかを評価したり、エンジニアと対等に交渉したりできる人材が求められています。こうした社会的ニーズに応えるべく、私の担当する演習科目(「2年次演習(プレ演習)」「3年次演習(サブジェクト演習)」「卒業研究」)では、経済やビジネスの視点から情報システムを企画・開発・設計・運用できる人材の育成を目指します。
2年次演習
2年次演習では、情報システムに関する基礎的な知識と技能を習得するとともに、情報システムの構成要素の中でも最も利用者に近い部分であるユーザインターフェースの設計について学習します。とりわけ、現在、私たちが頻繁に利用するWWW(World Wide Web)に関連する技術をとりあげ、ウェブページを活用したユーザインターフェースの設計・構築についての基礎知識と基本技能の習得を目指します。
本演習では、グループ毎に調査・研究し、その成果を授業内でパソコンを用いてプレゼンテーションします。また、演習内での連絡は、オンラインで行います。
[履修条件]
演習関連科目も併せて受講すること。また、他の情報関連の授業を履修済みかもしくは並行して履修することが望ましい(「 関連する科目 」参照)。
本演習では、基礎的な学習から始める予定ですが、常に新しい内容を調査する必要があります。情報分野に強い興味・関心がある人、主体的かつ積極的に学習に取り組むことができる人の応募を望みます。
3年次演習
3年次演習では、ウェブテクノロジを駆使したアプリケーションとミドルウェア、サーバと連携した情報システムの企画・設計・構築について学習します。2年次演習で学習したウェブの知識を発展させ、ウェブアプリケーションやスマートデバイスアプリの開発、データベースサーバやウェブサーバと連携したシステムについての基礎知識と基本技能の習得を目指します。
[履修条件]
演習関連科目も併せて受講すること。また、他の情報関連の授業を履修済みかもしくは並行して履修することが望ましい(「 関連する科目 」参照)。
本演習では、基礎的な学習から始める予定ですが、常に新しい内容を調査する必要があります。情報分野に強い興味・関心がある人、主体的かつ積極的に学習に取り組むことができる人の応募を望みます。
卒業研究
本卒業研究では、情報システムの分野で各自がテーマを設定し、その成果を卒業論文としてまとめます。
研究のテーマとしては、以下のようなものが考えられます。

  • 『情報システム関連技術の最新動向の調査』
  • 『情報システムの企画・設計』
  • 『情報システムの構築』
  • 『情報システムの動向と展望』

[履修条件]
本卒業研究担当者の「3年次演習1」「3年次演習2」を履修済み、もしくはこれらの演習を履修した者と同等の知識・技能を持っていることが望ましい。
情報システムの分野は、学習すべき内容が多岐にわたり、技術進歩が早く、常に新しい内容を調査する必要があります。情報分野に強い興味・関心がある人、主体的かつ積極的に学習に取り組むことができる人の応募を望みます。

関連する科目

既修・併修を強く勧める科目
  • キャリアアップコンピューティング
  • ネットワークシステム論
  • システムモデリング論
  • プログラミング2
  • 情報システム論

  • データ処理基礎論
  • データベースシステム論
  • プログラミング1(またはビジネスICTスキルズⅡ)
  • ビジネスシステム論
  • アプリケーションシステム論

既修・併修が望ましい科目
  • IT基礎論1・2
  • ビジネスICTスキルズⅠ
  • スクリプティング

  • オフィスICTスキルズⅠ・Ⅱ
  • プログラミング3

履修を勧める2年次演習関連科目
履修を勧める3年次演習関連科目
履修を勧める卒業研究関連科目

関連する演習

学生による「私のゼミ紹介」

高井でゼミの活動の一環として、毎年海外のICT事情を調査するフィールドワークを行っています。下記の経済学部ホームページ「学生ケーザイレポート」を参照してください。

2014年度(シンガポール)
 「アジア地域におけるIT産業の調査と我が国との比較

過去の訪問地:ベトナム、台湾、香港、上海

ゼミホームページ
高井ゼミ ウェブサイト(外部サイト)
.