こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 経済学部/経済学研究科ホーム
  2.  > 専任教員紹介
  3.  > 谷村 智輝

専任教員紹介

谷村 智輝 Tomoki Tanimura

研究テーマ資本主義経済の政治経済学
研究室良心館464号室
演習(ゼミ)紹介グローバル資本主義の現状とそのゆくえ
HP谷村ゼミ(オリジナルサイト)
詳細研究者データベース(オリジナルサイト)
谷村 智輝
私たちの経済社会をひと言で表現するなら、「資本主義」だと言えます。では、資本主義とはいったい何でしょう?この問いに答えるとき、経済社会の中心的な登場人物が「企業」であるということに注目することができます。例えば、私たちが毎日消費するモノやサービスの大半は、企業の生産物です。また、大多数の人々は企業に雇用されてお金を稼ぎ、そのお金でこれらを買うのです。こうしたことから言っても、私たちの生きている社会について考えるとき、企業活動に注視することは極めて重要なのです。

さて、企業の行動目的は、儲けることです。そのために、各企業は自らの規模を拡大したり生産方法や生産物の質を高めたりします。しかも、他の企業とも関連し合い競争し合いながら生産や販売に関する様々な意志決定を行います。そして、このような活動それ自身が、好況や不況という経済の循環的な変化をもたらすと考えられます。また企業行動の変化のなかで、私たちの働き方 ―「生き方」といっても過言ではないでしょう― が変わっていくのです。私の研究の主たるテーマは、資本主義経済のメカニズムを明らかにすること、とくに企業行動の変化と景気の変動との関連を問うことです。

さて、企業の行動範囲はグローバル化しています。そこで、日系企業のグローバルな競争とそれにともなう私たちの生活の変化ということが、私の研究のもう一方の柱です。企業活動のグローバル化の具体的な中身は何であり、どのように変化してきているのでしょう?そもそもグローバル化とはいったい何でしょう?考えるべき問題は少なくありません。これらをひとつひとつ解決することで、私たちが生きている社会の実像に迫りたいと思っています。

学生へのメッセージ

4年間という時間をどう使うか、それをみずから決めることができる自由が、皆さんには与えられています。そしていまや、何処で学ぶかが問われているのではなくて、何を学ぶかが問われているのです。

演習(ゼミ)

演習テーマ:グローバル資本主義の現状とそのゆくえ

わたしたちは、資本主義経済のもとで社会生活を営んでいます。しかも、その広がりはグローバルな規模に及んでいます。
ところで、みなさんの中で「資本主義」や「グローバル化」という言葉を聞いたことのない人はいないでしょう。では、いったいそれらはどのような状況や現象を指すのか、それらの意味するところは何なのか、何がいつから問題なのか、こうした問いに答えられる人は残念ながらほとんどいないと思います。
この演習では、資本主義の基礎的理解とともに、現代の資本主義をグローバル化ととらえたうえで、グローバル化を表す事実、その歴史、グローバル資本主義経済自体の基礎的な理論、グローバル化の問題点、グローバル資本主義の将来についていくつかのテキストを土台に考えていきます。
さて、グローバル化の中心的プレーヤーは企業です。そこで、ゼミでは実際にいくつか企業を訪問し生産の現場を見たり、企業の方々を招いて講演をお願いしたりして、学んだ事柄をさらに深めてきました。もちろん、こうした活動では、それぞれのテーマが明確である必要があります。受講生の皆さん自身が具体的にテーマを掲げ、試行錯誤や改良を重ねて、有意義な活動にしていただきたいと思います。
2年次演習
2年次演習では、グローバル資本主義の基礎的な理解と現在の問題点について理解することを目指します。参考資料として、さしあたりつぎの文献を挙げておきます。

  • 菊本義治他(2014)『グローバル化時代の日本経済』桜井書店
  • 西川潤(2014)『新・世界経済入門』岩波新書
  • SGCIME編(2013)『現代経済の解読:グローバル資本主義と日本経済』(増補新版)御茶の水書房
  • 伊藤誠(2013)『日本経済はなぜ衰退したのか』平凡社新書
  • 中井浩之(2009)『グローバル化経済の転換点』中公新書

また、「資料の探し方」や「レポートの書き方」といった、研究の基本的な技法についても改めて学びます。
[履修条件]
 
3年次演習
近年の金融危機・経済危機を受けて、グローバル資本主義の停滞が問題になっています。グローバルインバランス、企業のカネ余り現象、資本利潤率の低下がその特徴といえますが、それとともに、失業や雇用問題が深刻化していると同時に、経済格差(所得の格差や富の偏在)の問題が世界的注目を集めています。それらの原因や解決策はどこにあるのでしょうか?3年次演習では、まず、グローバル資本主義と経済成長について考えます。参考資料として、さしあたりつぎの文献を挙げておきます。

  • 井出英策他(2016)『分断社会を終わらせる』筑摩書房
  • 須藤時仁・野村容康(2014)『日本経済の構造変化』岩波書店
  • T・ピケティ(2014)『21世紀の資本』みすず書房
  • E・プリニョルフソン、A・マカフィー(2013)『機械との競争』日経BP社


さて、3年次演習では、テキストを用いた学びと並行して、2年次演習から獲得してきた知見を利用しつつグループ単位で「産業研究」や「地域研究」を遂行します。そのなかで、グローバル資本主義において、日本の産業構造や地域経済が直面している現実的問題を発見しそれを吟味する力を自ら養って下さい。その研究成果は、他ゼミとの研究発表会やディベートを実施するなどのかたちで、ひろく外部に問いかけます。また、研究の技法として、「批判的に考えること」の重要性を学びます。

《ゼミ生のグループ研究テーマ》
<2016年度>
◆ ドイツの労働時間と経済成長の関係
◆ 地方創生に関する研究:福知山市の事例から
◆ 非正規雇用労働者の正規転換政策について
◆ 健康と経済成長の関係について

<2015年度>
◆ 北部九州自動車産業の特徴と課題
◆ 経済統合の効果に関する実証研究
◆ 日本におけるベンチャーキャピタルの現状と課題
◆ 地方銀行の再編に関する実証分析
◆ 神戸医療産業都市の現状と課題
[履修条件]
 
卒業研究
グループまたは個々人で設定した卒業研究テーマについて、論文作成作業を遂行していきます。
春学期
  1. 卒業研究テーマと研究計画についてのプレゼンテーション
  2. 卒業研究テーマに関する基本文献についてのプレゼンテーション
  3. 3年次演習(サブジェクト演習)生との合同ゼミ:卒業研究報告
秋学期
  1. 夏季レポート報告
  2. 卒業研究中間報告
  3. 卒業研究最終報告
[履修条件]
 

関連する科目

既修・併修を強く勧める科目
  • 経済学の歴史
  • 政治経済学

  • 経済史
  • 現代資本主義

既修・併修が望ましい科目
  • 国際政治経済
  • 経済思想史
  • アメリカ経済
  • 日本経済史
  • 世界経済史

  • 現代経済思想史
  • アジア経済
  • ヨーロッパ経済
  • 京都経済史
  • 社会政策

関連する演習

学生による「私のゼミ紹介」

 谷村ゼミの掲げるテーマは、「資本主義経済のグローバル化」です。このテーマを見て、皆さんはどのような疑問を抱かれますか?「国際化とグローバル化の違いとは」「世界経済のグローバル化が進展している要因は何か」。このような個人個人が抱いた疑問を大切にし、約2年半メンバーと切磋琢磨しながら学んでいきます。まず、2年生から3年生の前半にかけては、上記のテーマに関連するテキストを読み解き、テキストの要約やその内容に対する考察を、パワーポイントを用いて発表する事が基本です。そして、3年生の後半から4年生にかけては、それまでに取り入れた知識・考え方をもとに、産業研究(卒業研究の導入)や卒業研究に取り組みます。
 発表の完成に至るまでには、多くのサブゼミ(授業外でのグループワーク)が必要で、発表の前日ともなれば夜遅くまで準備をするグループもあります。発表後には、谷村先生とSA(Student Assistant)の先輩方から的確なアドバイスがあり、そのアドバイスを次の発表や研究に活かします。こういった経験をメンバーとともに積み重ねることによって、メンバー同士の距離は自然と縮まり、プライベートの話だけでなく、学問的な話も真面目に語り合える仲間ができます。
 もちろん、取り組んでいるのは座学だけではありません。「遊び心」を忘れず、谷村先生の「学生が創るゼミ」というモットー通り、学生が主体となって飲み会や合宿などのイベント企画も行っています。例えば、「ゼミ生の日」では、ゼミ生が授業の時間を自由に使えるため、ハロウィーンパーティーや鍋パーティーなどの催し物を企画して、たくさんの笑顔がはじけました。このようなイベントをきっかけに、メンバーの家に集まり春巻き会を開くなど、隔たりのない交流がメンバー間で生まれています。
 最後に、私が谷村ゼミで良かったと思う最大のポイントを書きます。それは、「先生との距離の近さ」です。上記のような全体のイベントだけでなく、まったり少人数で先生と本音トークができる事や、個人的な悩みにも助言を頂ける事も魅力の一つです。
(渡辺健一)
.