こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 経済学部/経済学研究科ホーム
  2.  > 専任教員紹介
  3.  > 上田 有里奈

専任教員紹介

上田 有里奈 Yurina Ueda

研究テーマヨーロッパ/ドイツと日本における家族政策、福祉政策の比較研究
研究室良心館478号室
演習(ゼミ)紹介
詳細
上田 有里奈
 私はこれまで、20世紀後半以降のヨーロッパ、特にドイツにおける家族の歴史的変遷およびそれに伴う家族政策や福祉政策の歴史的変遷について、日本との比較という観点から研究してきました。ヨーロッパのなかで日本と比較的近い家族・ジェンダー規範を保持してきたとされるドイツは、現在少子高齢化や家族の多様化・個人化を経験するなかで、保守主義的な家族政策を転換させ、育児・介護の社会化や男女双方による仕事と家庭の両立支援を推進すべく様々な施策を講じています。日本も現在まさに同様の課題を抱えています。ドイツを含め、日本と同様の課題を抱える諸外国が、どのようにして従来の政策的な課題や限界を克服しようとし、それを実現させてきているのかを考察することは、これからの日本社会のあり方について考える上でも意義を持つものであります。
 そして、現在私が特に関心を寄せている研究テーマは、こうした家族の多様化や個人化を背景にした問題の一つである、人々の社会的孤立の問題です。こうした問題に対する、NPOや市民団体などによる血縁や世代を超えた社会的連帯を構築するための様々な取り組みに着目しています。

学生へのメッセージ

 4年間の学生生活は思っている以上にあっという間です。ここで得た知識や経験、様々な人との出会いは、今後の人生における大きな糧となるでしょう。皆さんには、この限られた大学生活のなかで様々なことに積極的に挑戦し、多くの経験を通して社会人へとつながる充実した大学生活を送って頂きたいと思っています。
.