こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 経済学部/経済学研究科ホーム
  2.  > 学部生の方へ
  3.  > 学生生活サポート(ゼミ助成費)

学生生活サポート

ゼミ助成費

経済学部では以下のようなゼミ助成制度を設けています。

2017年度 経済学部 学部教学充実費による『演習補助』について

1クラスあたりの補助額基礎演習2万円
2年次演習5万円
3年次演習15万円
3年次演習25万円
卒業研究10万円

「3年次演習1・2」については、同一クラスの場合、年間で10万円として利用することも可能です。

ゼミ活動助成費としての使途については、以下に示すとおりです。

本演習補助の申請は学生ではなく、演習担当教員が行ってください。また、利用にあたっては演習担当教員の指示を受けてください。

利用方法は、主に領収書による立替払いとなります。支払金額が補助限度額の範囲内である場合は、請求書払いにすることも可能です。請求書の宛先は「同志社大学経済学部○○ゼミ」としてください。

領収書の宛先は「同志社大学経済学部○○ゼミ」としてください。「上」様や学生の個人名は不可とします。領収書には日付、支払先社名・住所・社印(領収印)、支払明細が必要です。不備のないように、事前に確認してください。

立替払いについての注意事項はPDFでご案内しています。
「演習補助」、「学生プロジェクト」等 学生による立替払いの精算について(お願い) [PDF 137KB]

※支出後1週間以内を目処に速やかに申請してください。
1.
物品購入費(書籍、データ等)
購入する物品は、演習の授業・活動に直接使用するものに限ります。購入した物品名等の明細が不明の場合は、お支払いできませんのでご注意ください。

2.
会合費
年間で2万円を限度とします。3年次演習については、1、2あわせて年間2万円までとなります。

3.
旅費(交通費、宿泊費:宿舎での食事代を含む)
1回の利用につき、学生一人あたり1万円を限度とします。領収書とともに乗車日、乗車区間、利用者名等を明記した 交通費明細票 [Excel 34KB] をご提出ください。

4.
その他(会議室利用料、招聘講師料等)
ゲスト・スピーカー招聘の場合、謝礼支払いの手続が必要となりますので、事前にご相談ください。謝礼金額等は「経済学部ゲスト・スピーカー招聘取り扱い要領」に準じます。

※立替分を直接銀行口座に振り込んでほしい場合は、以下の「口座振込依頼書」をダウンロードし、必要事項を記入
 のうえ、ご提出ください。
 口座振込依頼書 [PDF 127KB]
なお、2017年度の申請締め切りは、2018年2月28日(水)です。

ゼミ助成費については、 経済学会「ゼミ助成費」 でご案内しています。

申請および問い合わせ先

お問い合わせ

経済学部・経済学研究科事務室研究室係(良心館)

TEL:075-251-3534
E-mail:ji-keikn@mail.doshisha.ac.jp
お問い合わせ一覧(部課所在・事務取扱時間案内)

.