研究テーマ

担当教員の研究テーマ(2021年度現在)

荒渡 良財政政策や社会保障政策に関する動学的マクロ経済理論
東 良彰生産、分配、貯蓄および資本蓄積に関する研究
福岡 正章近現代東アジアの工業化史
船橋 恒裕現代社会保障の諸問題
二神 孝一経済成長論および行動経済学のマクロ経済学への応用
本領 崇一情報の経済学、ゲーム理論の基礎研究及び、社会心理学、政治学への応用
石田 葉月エコロジー経済学、資源・エネルギー経済学
伊多波 良雄税、社会保障および地方財政に関する政策的研究
河島 伸子芸術文化・コンテンツ産業に関わる公共政策、法政策、マネジメントの課題研究
北川 雅章日本経済とマクロ経済学の理論的・計量的研究 ―金融政策の効果波及経路を中心に―
北坂 真一日本経済論、計量経済学、マクロ経済学
小林 千春ネットワーク産業に関する経済分析
小藤 弘樹地域・都市経済研究
久保 徳次郎金融派生商品のプライシングのための数値計算法の研究
三俣 学エコロジー経済学の視点から、森・川・海の地域共同的利用や管理の仕組みをどう構築しうるか
宮本 大労働経済、人材育成のあり方と、その効果に関する研究
宮崎 耕情報システムの研究
宮澤 和俊人口経済学、公共経済学、家族の経済学
茂見 岳志不完備市場モデルの一般均衡分析
新関 三希代金融市場の事象についてのデータを用いた実証分析
西村 卓近代日本における都市と農村
西岡 幹雄企業家・産業・都市における比較経済思想
落合 仁司快楽と遠近法
大野 隆政治経済学的視点から見た経済政策
小野塚 佳光国際政治経済学 国際移民や通貨危機に示されるグローバル化と政治経済秩序の転換
太下 義之文化政策、特にアーツカウンシル(文化支援の専門組織)に関する研究
佐竹 光彦日本経済の実証研究 ―マクロ経済政策分析を中心としてー
鹿野 嘉昭日本経済と金融
菅 一城近現代イギリス社会経済史・都市史
竹廣 良司企業の組織と行動に関する分析
田中 靖人市場、企業、消費者を対象とした純粋および応用ミクロ経済学
谷村 智輝現代資本主義の成長と停滞に関する政治経済学的研究
角井 正幸アメリカ合衆国における農業部門の史的展開に関する実証分析
上田 曜子ASEAN経済、タイの経済発展
和田 喜彦エコロジー経済学、エコロジカル・フットプリント指標、鉱山・核開発の社会環境影響、公害論、良心学
和田 美憲契約理論を応用した政策・制度・組織・戦略に関するデザインの理論的・実証的研究
八木 匡知識創造のメカニズムを中心とした創造経済の解明と創造性向上のための政策研究
山森 亮経済理論における必要概念の再検討、女性解放運動の経済思想と社会政策など
横井 和彦経済のグローバル化と中国経済
四谷 晃一経済成長理論、教育の経済分析

最近の修士論文・課題研究テーマ

  • 中年層における主観的幸福感の決定要因―2015年の中国総合社会調査(CGSS)データを用いた分析―
  • 中国株式市場における群れの行動の実証分析
  • Transboundary Pollution with Financial Side Payments
  • サービス貿易における輸出とFDIの選択についての理論的分析
  • ネットワーク外部性をともなう寡占市場における技術ライセンス契約―消費者品質嗜好に基づいて―
  • 産業革命期リヴァプールと麻織物取引―1820年代における麻織物商人の経営文書を用いた分析―
  • スキル偏向的技術進歩、経済格差、教育公的支出
  • コミュニティシネマの現状と公的支援の必要性―地方都市におけるミニシアターを事例に―
  • マイナス金利、銀行収益性とリスクテイク行動
  • Jリーグの持続可能な経営―地域密着型経営を視点に―
  • 日本における労働者の転職要因についての分析
  • ソーシャル・キャピタルが主観的幸福感に与える影響―中国のケース―