研究テーマ

担当教員の研究テーマ(2018年度現在)

荒渡 良マクロ経済学・動学的政治経済学
東 良彰生産、分配および消費に関する理論的・実証的研究
醍醐 元正人間社会活動が地域環境に及ぼす影響の評価
福岡 正章戦前期朝鮮の工業化
船橋 恒裕少子高齢社会における経済と福祉問題
布留川 正博産業革命期イギリスの奴隷貿易、奴隷制度廃止運動
八田 英二日本経済の構造変化の検証
服部 昌彦応用ミクロ経済学による技術取引と政策の分析
本領 崇一情報の経済学、ゲーム理論
石田 葉月利用可能なエネルギー源が経済システムの進化的過程に及ぼす影響
伊多波 良雄少子高齢社会と財政政策
河島 伸子文化政策の国際比較
岸 基史自然環境と調和した経済社会を築くために私たちは何をどうすればよいのだろうか
北川 雅章日本経済とマクロ経済学の理論的・計量的研究
北坂 真一現代日本経済の計量経済学的研究
小橋 晶企業行動の理論的・実証的研究
小林 千春ネットワーク産業に関する経済分析
小藤 弘樹地域・都市経済研究
久保 徳次郎国際金融の経済分析
三野 和雄マクロ経済学
宮本 大能力開発を中心とした持続可能な人材マネジメントのあり方についての探求
宮崎 耕情報システムの研究
宮澤 和俊少子高齢化のマクロ経済効果・社会保障の制度改革
茂見 岳志不完備市場モデルの一般均衡分析
内木 栄莉子日本の金融システム、金融機関に関する研究
仲北浦 淳基ケンブリッジ学派のマクロ経済分析(経済学説史)
新関 三希代ファイナンスの実証分析
西村 卓京都の街を職人という切り口から分析する
西岡 幹雄日英米の比較経済思想と社会政策、都市・産業集積の学説、近現代都市の経済構造の変遷
落合 仁司社会の数理
奥田 以在近代日本都市史(特に都市コミュニティの研究)
大野 隆政治経済学・非主流派マクロ経済学(Analytical Political Economy)
小野塚 佳光国際政治経済学
大谷 実近代ドイツ社会経済史
迫田 さやか不平等・貧困についての実証分析
佐々木 雅幸創造都市と創造経済にかんする国際比較研究
佐竹 光彦フィッシャー仮説の検証
鹿野 嘉昭日本経済と金融
菅 一城19-20世紀の工業社会と都市経済
高井 才明情報システムの社会科学分野への応用
竹廣 良司企業組織および企業行動に関する実証分析
田中 靖人寡占理論や貿易政策理論
谷村 智輝資本主義経済の政治経済学
徳岡 一幸都市化と交通システムの相互関係
角井 正幸合衆国農業部門の史的展開に関する実証分析
上田 曜子タイの経済発展
上田 有里奈ヨーロッパ/ドイツと日本における家族政策、福祉政策の比較研究
和田 喜彦生態系と共存できる永続的で公正な社会経済システム構築
和田 美憲メカニズムデザイン
卫 娣中国におけるイノベーション戦略
八木 匡コンテンツ産業競争力強化のための社会資本整備・教育政策・格差生成のメカニズムの研究
山森 亮社会政策・福祉国家の思想史・現在・明日
横井 和彦中国における国有企業改革の帰結と「新常態」
四谷 晃一経済成長理論、教育の経済分析
鄒 蓉中国における家計消費行動に関する実証分析

最近の修士論文・課題研究テーマ

  • 中国情報通信機器産業の国際競争力
  • 地域から広がるパブリック・ディプロマシーの可能性
  • 公共文化施設を軸にした都市の再生と発展-せんだいメディアデークの挑戦-
  • 親子の信頼関係は子の所得に影響を及ぼすか
    -幼少期における家庭内のコミュニケーションと学歴及び所得との関連について-
  • なぜ日本の演劇では前売り券を割り引く商習慣が生まれたか
    -インセンティブ付与の解明-