研究テーマ

担当教員の研究テーマ(2020年度現在)

荒渡 良財政政策と社会保障政策に関する研究
東 良彰生産、分配および消費の理論的・実証的研究
福岡 正章東アジアの工業化
船橋 恒裕福祉経済学
本領 崇一情報伝達の理論、ゲーム理論
石田 葉月エコロジー経済学、資源・エネルギー経済学
伊多波 良雄財政制度改革の分析
笠井 高人経済学の歴史と発展
河島 伸子芸術文化・コンテンツ産業に関わる公共政策
岸 基史エコロジー経済学、環境経済学、理論経済学
北川 雅章日本経済とマクロ経済学
北坂 真一日本経済論、計量経済学、マクロ経済学
小橋 晶企業の目的、組織、行動に関する研究
小林 千春日本経済とネットワーク産業
小藤 弘樹地域・都市経済研究
久保 徳次郎国際金融
三俣 学森林海の持続的利用・管理に関する研究
宮本 大労働経済、人材育成に関する研究
宮崎 耕情報システムの研究
宮澤 和俊人口経済学、公共経済学
茂見 岳志一般均衡理論
新関 三希代企業行動と金融市場の実証分析
西村 卓京都における職人ネットワークの形成
西岡 幹雄企業家活動と近現代都市における経済思想
落合 仁司行動経済学の基礎理論
奥田 以在近代京都の都市史:都市コミュニティの歴史
大野 隆政治経済学(景気循環・不平等・搾取)
小野塚 佳光国際移民と国際通貨制度をめぐる論争
太下 義之文化政策、創造経済
佐竹 光彦日本経済の実証研究
鹿野 嘉昭日本経済と金融
菅 一城近現代イギリス社会経済史・都市史
高井 才明ビジネス情報システム
竹廣 良司企業の組織と行動に関する分析
田中 靖人純粋および応用ミクロ経済学
谷村 智輝現代資本主義の循環と構造変化
角井 正幸アメリカ経済史
上田 曜子アセアン諸国の経済発展
和田 喜彦エコロジー経済学、鉱山・核開発の環境影響
和田 美憲経済政策、企業戦略に関する理論・実証研究
八木 匡公共経済学(創造経済論、教育経済学)
山森 亮多様性を肯定する社会政策・連帯経済
横井 和彦経済のグローバル化と中国経済
四谷 晃一経済成長理論、教育の経済分析

最近の修士論文・課題研究テーマ

  • 梅小路京都西駅建設の経済波及効果
  • プロオーケストラの財政基盤
  • ビッグデータとAI・IoTによる経済社会の変革に関する研究
  • 普及する子ども食堂と世間の誤認
  • 日・独・米・中における自動車産業発展と経済成長
  • 京都丹後鉄道の経営変化の実態についての研究
  • 食品産業による京丹波地域の経済活性化ロードマップ
  • AI強国を目指す中国から見る今後の日本AI戦略の展開
  • シェアリングエコノミーは地域の課題を解決できるか
  • 欧州サッカーの経済学
  • 多世代のシェア居住における需要と課題
  • コインランドリー市場拡大の要因についての研究