専任教員紹介

西岡 幹雄 Mikio Nishioka

西岡 幹雄
研究テーマ企業家活動と近現代都市における経済思想
研究室良心館484号室
演習(ゼミ)紹介地域の潜在価値の実現とそのための新たなインフラ展開~コロナ後の地域・都市と世界の方向~
詳細研究者データベース(オリジナルサイト)
 企業や産業は、新製品・新技術・販売戦略、あるいはこれらを取りまくさまざまな要素や情報を統合し、できるだけ早く積極的に周囲の社会に働きかけようとします。そのために、これらは一定の地域に集まろうとし、その時代や活動範囲によって差が出てきます。

 「昔」、昔わたしはみなさんと同じように、経済を勉強しましたが、そのとき資本家や投資家という専門用語は聞いても、企業家や産業活動などに影響を与える状況についてほとんど聞くことはありませんでした。経済学の基本的な教科書にも社会は同質的な消費者と企業から構成され、それらが自動的に満足される状態に達すると、それが経済にとって最適な状態であり、その後、それは安定的に推移するという内容が載っています。しかしながら、現実の経済・経営のトップがはたす認識とそれにもとづいた計画と統率力は、自動的な安定を前提にするのではなく、むしろ不安定さを予想して「機敏に」活動をしているのではないでしょうか?

 むずかしい言葉でいえば、人が現実の経済・経営の「集まり」に参加すること自体、割に合うという期待があって、はじめてそこに加わる面が少なからずあります。つまり、参加する人・物・サービス・資金に関する情報のリスクを避けるため地域的な仕組みや組織への参加コストがこの社会には存在しており、さらにいえばそうしたパーフォーマンスの水準を上げていくためには、人々の間で共通な認識と知識、文化の確認、一連の行為に対するモラルの信頼性が重要です。

 こうした社会的基盤(Knowledge-based Society)を配慮せずに、現実の経済・経営の発展はありえない。また社会経済が高度化するはずもありません。

 現在、「コロナ」におびえ、経済社会生活や考え方に大きな変革をもたらす時代の大転換の時をむかえています。
 しかしながら、危機はまたイノベーションと成長機会の出発点であることも事実です。地域や都市を取り巻くネット関係やグローバルな仕組みには、否応のない構造の再編成が待っています。新たな地域や都市のあり方とは、今度の「コロナ」が引き起こしたギア(歯車による伝導)を、いかに私たちの手で再構想するかにかかっているといえます。
 そこで,こうした問題について考えるために、社会構造それ自身が安定的な効率性を発揮できる基盤と基礎条件がどのようにすれば整えられるのか、そうした安定的な基準が設定できるのか。とくに今日,政府については、これまでの経済学が強調してきた、企業・産業や個人に対して独自の第三の主体の役割とともに、多様な経済主体間の相互作用を進展させ、それらが活性化するための基礎枠組(社会インフラ)をになう重要な役割を果たしていることについて研究を進めたいと思っています。

演習(ゼミ)

演習テーマ:地域の潜在価値の実現とそのための新たなインフラ展開~コロナ後の地域・都市と世界の方向~

 なぜ企業や産業は、一定の地域に集まろうとするのか?そしてそれらの活動は時代や地域環境によってどうして差が出てくるのか?多様な産業と企業が地域と都市の活動にどのような影響を与えるのか、あるいは地域や都市の思想とあり方が今日の多様な経済の展開をいかに支えているのかといった事柄について焦点をあてているゼミです。
 具体的には、地域のアメニティとブランド化、つまり地域の付加価値の持続と、そこでの生活の快適さと働きとの結合による創造性が、いかなる社会的影響を生みだすのか、あるいはそれらの構造と機能の中から、活力を生みだし、そして文化を創造していくための地域力・都市力の潜在性を発掘して、ダイナミックな発展につなげていくことにこだわっているゼミです。
 しかしながら、今年も、「コロナ」におびえ、コロナ後の地域・都市や日本・世界に向けたイノベーションと成長機会を模索しています。でも言い換えれば、地域や都市を取り巻く変化は、否応のない構造の再編成と新たな地域や都市のあり方をもたらす大チャンスです。
 ゼミでは、毎年、英語プレゼンテーションも心がけながら、関西から中部にかけて交流セミナーを行っています。昨年度は、コロナにもめげず、11月中~下旬に(1)「コロナウイルスの影響拡大下の地域と国際」『学生交流フォーラム-1』、(2)「コロナ下の経済思想と地域」『学生交流フォーラム-2』、(3) 「コロナウィルス感染症によって変容する経済思想,産業そして地域」『学生交流フォーラム-3』の中で、遠隔地リモートアクセスにて、①医療イノベーション~イノベーティブな産業集積によるコロナ後の世界への発信~、②イノベーションと伝統による農業可能性(京野菜のブランド力)、③大和(Yamato)野菜のブランド化戦略と奈良、④丹後の活性化とコロナ後の海産物の潜在性などを挙行しました。
 今年も、(A)「凝縮された都市・地域空間」とコロナ後の社会生産性に裏づけられた住居と商業施設の融合の可能性、(B)「京都の伝統と革新とは何か:京都の次世代のものづくり産業(とくに食品産業)の潜在性」、(C)「コロナ後を見据えた移住という選択肢の可能性」、(D)SDGs(持続的成長目標)のための社会投資(「ESG投資」:環境・社会・危機管理能力)・クラウドファンディングによる地域の可能性(三重の南北格差をめざして)などを通じて、活発に地域産業の各種データや調査分析、あるいは関連文献を研究しながら、高付加価値を生みだす産業構造や価値創造できる地域を探究しています。
 例年ならば、国際交流基金の支援を得て、「地域ブランド創生学生フォーラム」やこれまでの関西の諸大学・公的諸機関に加えて、名古屋地域の大学・公的諸機関も加わっていただくプロジェクトを挙行してきたが、今年もコロナの現情勢では各地を結ぶ遠隔会議プロジェクトで、課題をどこまで発展できるかを考えて行かなければなりませんが、地域の潜在価値の実現と新たなインフラ展開を実現していくためのコロナ後の地域・都市と世界の方向を探り当てたいと希求しています。
2年次演習
 2年次演習では、「地域の潜在価値」、そのための社会投資とその調達・運営・仕組、そしてこれによる「新たなインフラ」などを学ぶための基礎学習と、それに伴う実践的課題(データ分析や英文発信も含め)を研究します。地域の価値創造機能が日本経済に果たしていた役割を通じて、組織と人々がこれまでの地域のあり方や既成産業を変革しようとする試み、あるいは(コロナや自然環境激変からの環境変化による、たとえば産業の空洞化や経営移転、研究・開発・事業化によるビジネス拠点の創造などの盛衰を通じて、地域・都市・産業・企業がどのような“つながり”(ネットワーク)をもつのかに関心を寄せます。
 グローバル化での関西経済社会やそのほかの諸地域との位置づけ、とりわけ今後の地域発展の起爆になるイノベーションと価値創造の可能性、あるいは「コロナ」による「大恐慌」の予兆を目前にして、これを克服できる「地域の潜在的価値の実現とそのための新たなインフラ展開」とはどのようなものか,次の世界のためのそれぞれの地域の潜在性とその発信を見出せる機会を,各地を結ぶ遠隔プロジェクトの可能性も含みながら、皆さんと励んでいきたい。
 ゼミの目標は、History (His+Story) *Heart Story (Her+Story)、すなわち「心のこもった自分の『物語』を語るためのゼミ!」を通じて、「今の未曾有の危機に対応できない,実践なき思想・分析は空虚であり,無謀である」、そして「危機を乗り越えるヴィジョン無き勉強は空虚であり,無駄である」ことが語れるゼミをめざしています。


[履修条件]
■2つの外国語もしくは情報言語(英語/ドイツ語/フランス語/スペイン語/ロシア語/中国語/ハングル/情報言語)の成績を選考材料とする。
△2年次演習関連科目-26(世界と関西経済の実践的解明・基礎編)[PDF 174KB]
■△日本経済思想史
3年次演習
 2年次演習に引き続いて、地域の潜在性はどこまで表現できるのか、地域がもつ付加価値の大きさと持続、企業・産業のネットワーク、あるいは持続安定的な経済社会の発展モデルを考えます。「地域の潜在価値の実現とそのためのインフラ展開」と、マクロ的な財政・金融政策・成長/構造改革戦略との整合性を検討し、地域においても、成長循環サイクル、そしてそれによる文化・地域・経済への波及性につながるメカニズムを探ります。
 とくに、経済統計の考え方から導き出される(1)定量的分析と、(2)定性的分析(経済学説・地域・都市の文化と歴史・インタビューによる経営現場などに代表される)とを組み合わせて、地域の産業の競争優位による地域の持続的な成長のための「特化」「分散」と産業を検証します。
 このような研究と分析を通じて、History (His+Story) *Heart Story (Her+Story)、すなわち「実践なき思想・分析は空虚である.思想・分析なき実践は無謀である」ということをゼミの究極目標にいたします。そして、「コロナ」によってこれから生じるであろう、地域・都市の資源と資産を有効に利用するメカニズムを発見し、そのメカニズムが実現した際の有用性と波及性に取り組みたいと思っております。
 基本的には、まず、4月/5月/6月段階では、2年次演習の成果をもとに、歴史・政治・文化などの関西の基礎知識と地域の競争優位を確保する経済学説および地域の潜在価値とその付加価値活用にかかわる各種データ・調査分析を行い、7月頃から(インタビュー調査、事例収集、ネットワーク分析、数理統計分析などを駆使して)、実証分析を行います。そして通常の状況では、11月中旬から下旬にかけて、これまでの関西の諸大学・公的諸機関、名古屋地域の大学・公的諸機関や本学グローバル教育センターともに、「地域ブランド創生学生フォーラム」による、「地域価値のための学生対話:文化・地域・ジェンダーとグローバル化の下での地域のブランド化の進展」の実現をめざします。
 最終的には、今後の方向の基調となりえるような世界発信を念願にしているため、2月初旬には英語論文ができるよう努めていただきたい。そのために、データや統計・図表の意味と分析、プレゼンテーションのための情報機器の活用とともに、国際地域・産業・集積にかかわる、数値目標、経済価値評価や効果の(1)定量的分析および(2)定性的分析を積極的に図りたい。
[履修条件]
○3年次演習関連科目1-26(世界と関西経済の実践的解明・応用編)[PDF 171KB]
■ ○現代経済思想史
卒業研究
各人の設定した卒業研究テーマについて、以下のステップを踏んで、論文作成作業を行います。
春学期
卒業研究テーマについてのプレゼンテーション(情報機器を利用したデータや社会経済統計・図表分析を含む)
卒業研究テーマに関する基本文献と研究文献(個別に指定する)の報告
卒業研究計画書の提出
秋学期
夏季レポート報告
卒業研究中間報告
[履修条件]
担当者の卒業研究を登録すること。

関連する科目

既修・併修を強く勧める科目
  • 〇現代経済思想史
  • △日本経済思想史
 
既修・併修が望ましい科目
 
 
履修を勧める2年次演習関連科目
履修を勧める3年次演習関連科目

関連する演習

学生による「私のゼミ紹介」

 私たちは西岡先生のご指導の下、「地域の経済と思想」をテーマとし、グループで研究を進めて参りました。今年度は、京都や奈良、大阪など関西の学生らしい研究を行いました。どの研究も、コロナの影響を踏まえるなどタイムリーさが持ち味です。研究の成果を発信する場として、今年度も他大学との交流会が三度設けられました。参加校は本学を含め五大学(関西学院大学・南山大学・大阪府立大学・大阪経済大学)でした。コロナの影響で今年度は初のオンライン開催となりましたが、交流を深め議論を交わし、多様な視点を取り入れることで、研究に磨きをかける良い機会となりました。
 ウィズコロナの時代、一極集中から分散型ネットワークに移行する中で、地域が注目を集めることが予想されます。今後も本ゼミでは、地域という社会の最小単位で様々な地域の経済に触れ、研究を進めることで地域活性化について学びを深めて参ります。
<『同経会報NO.87』から転載>

西岡ゼミ(2012年度プロジェクト成果)
FINE-TUNING THE OSAKA METROPOLIS PLAN:
REVITALIZING THE OSAKA AND KANSAI REGION, AND PLANNING AHEAD[PDF 564KB]


(2014年度プロジェクト成果)
マーシャルの産業集積論から考える地域産業の活性化[PDF 344KB]

(2016年度プロジェクト成果)
「地域価値のための学生対話:関西とブカレスト」
Search for potential value and for structure of city creating new value
in Sakai city[PowerPoint 963KB]