専任教員紹介

奥田 以在 Iari Okuda

奥田 以在
研究テーマ近代京都の都市史:都市コミュニティの歴史
研究室良心館477号室
演習(ゼミ)紹介京都の職人や老舗に関する研究-現代社会と京都のものづくりや文化を取り巻く世界-
詳細研究者データベース(オリジナルサイト)
都市といった場合には、経済活動や行政による活動がイメージとして出てくるかもしれませんが、一方で都市は生活の場でもあります。つまり、経済活動・行政による活動・生活のそれぞれが相互に関係を持ちながら、都市は構成されています。私は、その中で都市生活や都市住民のコミュニティに着目しながら、それが時代の社会経済状況の変化によってどのように変化していったのかということを歴史的に研究しています。

私が主として研究している時代は近代、特に明治中期から昭和初期で、これまでは京都を中心に研究してきました。近代の京都は、東京遷都によるダメージから立ち直るべく、様々な変化を経験しますが、そのなかで都市での生活や人々の関係はどのように変化していったのか、ということを京都の最小の都市コミュニティである「町」(チョウ)を対象として分析しています。

演習テーマである職人については、これまで多くの職人さんに出会い、聞き取りを行ってきました。その中で、職人を通して現代を知る必要を痛感しています。我々の暮らしとものとの付き合い方というのは、実は時代を映す鏡なのではないか、ということです。また、職人というと変化がない世界のように感じるかもしれませんが、実は技術もつくり出すモノも変化をしています。職人の世代も変わっていきます。そういった職人世界の動的な部分(もちろん静的な部分もしっかりとあるのですが)にも着目する必要があるのではないかと思い、日々考えています。

学生へのメッセージ

京都は学生のまちと言われます。京都の人々は学生に対して、寛容なところがあるような気がします(もちろん羽目を外しすぎては怒られます)。そんな環境ですから、大いに京都の町を歩いて、飛び込んで、色んな人に出会ってください。

演習(ゼミ)

演習テーマ:京都の職人や老舗に関する研究-現代社会と京都のものづくりや文化を取り巻く世界-

 ものづくりの元を辿っていけば、そこには職人の存在があります。私たちの日常生活を彩る物を作るためには、材料、道具、作り手が必要になります。よく考えると、材料を提供する職人、道具を生み出す職人も必要です。また、芸道をはじめ、様々な文化にも職人のつくり出す道具がなければなりません。このように、私たちの生活や文化の土台には職人が存在します。これは、一見当たり前のように思えますが、見落としがちです。

 私たちの生活や文化を支えている職人の世界は、時代や社会経済状況の変化にともなう人々の生活スタイル・心持ち・価値観などの変化に対して、どのように対応してきたのでしょうか。また、対応して変化する一方で、変わっていない部分や変えてはいけない部分もあるかもしれません。それは何なのでしょうか。職人としての成長過程、職人としての姿勢、技術論、職人同士の関係性など様々な視点からその問題を考えたいと思っています。

 また、京都には創業100年を超える老舗が数多く存在します。先ほども述べたように、現代は勿論、過去においても時代は激しく変化してきたはずです。それは京都においても同様です。では、長く続く老舗は、そういった時代の荒波をどうやって乗り越えてきたのでしょうか。さらに、現代の経済社会の中でどのように時代に適応し、時代を切り拓いているのでしょうか。私たちは、その哲学についても学ばせて頂きたいと思っています。

 そして、職人の世界や老舗の哲学を学ばせて頂くことを通して現代社会を知り、次代のものづくりのあり方や私たち自身のあり方についても考えたいと思っています。

 このようなことを学ばせて頂くために、この演習ではグループでのフィールドワークを研究方法の中心としています。フィールドワークは基本的に演習時間外に行ってもらうため、演習時間外での活動が大変多くなります。それに加えて、発表も月に1回~2回程度あるため、その準備も必要になります。また、その年によって多少の変更はありますが、学園祭出店といった研究以外のプロジェクト活動も複数行います。全員に担当を持ってもらうため、その企画・運営にも相当の時間を費やします。さらに、ゼミ活動に関連する書籍の輪読を行う場合もあり、ゼミ活動に相当の時間が割かれることを覚悟してください。

 研究やプロジェクトはグループで行ってもらいます。そのため、研究テーマひとつを取り上げても決定が難しくなります。また、各々の行動がグループ全体に様々な影響を与えます。グループでやることの良さもありますが、難しさ、厳しさもあります。グループワークのなかで様々な困難に直面することがきっとあると思います。その点も承知しておいてください。

 最後に、私たちの演習活動は多くの方々のご厚意に支えられて成り立っています。そのことをしっかりと弁えて演習活動に臨んでください。
2年次演習
2年次演習では、いくつかの書籍を輪読し、発表と議論を重ねながら職人世界について少しずつ学びます。また、聞き取り調査のあり方についても考え、フィールドワークに出るための準備を進めます。その後、2年生の間にグループごとのテーマを決定して調査報告を始めます。それらとともに、ゼミの研究以外の活動(プロジェクト)についてもチームを決定し、活動計画等を示してもらいます。テキストとして永六輔『職人』(岩波新書、1996 年)等を予定しています。なお、フィールドワークや発表などは、全てグループで行ってもらいます。
[履修条件]
2年次演習に演習関連科目は設定していません。
3年次演習
3年次演習は、2年次演習で決定した研究テーマに基づき、調査を数多く行ってもらいます。調査が円滑に進むようにするためには、文献による勉強も必要になります。聞き取りを丹念に行って、データ整理と分析を繰り返し、各々のテーマについて理解を深めていきます。3年生の最後には中間報告会を行い、調査内容の整理と卒業研究の具体的な課題設定にまで踏み込んだ議論をしてもらいます。これに加えて、場合によってはゼミ活動に関連する書籍の輪読も行う可能性があります。3年生はゼミでのプロジェクト運営も数多くあり、とにかく忙しくなります。
[履修条件]
3年次演習関連科目1-49および3年次演習関連科目2-49を必ず履修すること。
卒業研究
3年次演習の中間報告会の成果を踏まえて、客観的な分析を進めていきます。その中で浮かび上がってくる問題について、必要があれば追加調査を行い、ときには調査対象を広げながら、卒業研究としての完成を目指します。3年次演習の時よりも議論が深まる一方で、それに伴い調べることが増えます。また、グループで1つの卒業論文を執筆してもらいますが、これも一筋縄ではいきません。卒業研究では研究に費やす時間が3年次演習よりもかなり多くなることを覚悟しておいてください。
[履修条件]
卒業研究関連科目2-49を必ず履修すること。

関連する科目

既修・併修を強く勧める科目
 
 
既修・併修が望ましい科目
 
 
履修を勧める3年次演習関連科目
履修を勧める卒業研究関連科目

関連する演習

 

学生による「私のゼミ紹介」

 奥田ゼミに興味を持ち、当ゼミ紹介HPにお越しくださりありがとうございます。

・奥田ゼミでは何を研究しているのか

 京都の職人や老舗を調査、研究し、何故それらの伝統や文化が受け継がれてきたのかを明らかにします。調査のため京都の老舗にお伺いしたり、直接職人の方々にお話を聞かせていただくというフィールドワークを中心に活動しています。4、5人の研究班に分かれ、1つの研究テーマを決定します。京都を拠点に商いを展開されている店舗に研究班でアポイントメントを取り、実際にお話をお聞きします。このテーマを基に卒業までフィールドワークを重ね、研究していきます。

8期生の研究テーマ
『履き物』『寿司』『刃物』

9期生の研究テーマ
『おはぎ』『パン』『お香』『スポーツ用品』

 2回生では何冊かの本を読み、研究班で内容をまとめてレジュメを作り、発表を行います。自分の考えをまとめることはなかなか難しいことではありますが、発表回数を重ねていくうちに上達します。 
 3回生では研究を進めるとともに、プロジェクトが始まります。「説明会班」「合同ゼミ班」「同志社EVE班」の3つのグループに分かれ、各班で立案、企画しながら進めていきます。研究と同様にグループワークが中心のプロジェクトではコミュニケーションと協調性、積極性が求められます。また、各班で進めていく内容のほとんどがゼミ生で決定するのでかなり大変です。また、責任も伴います。

・どのように成長できるのか

 フィールドワークや発表は班で行います。その中で「主体性」と「協調性」のバランスの 大切さを実感できます。そのバランスを取ることは簡単では無いですが、社会人になっても 必要な力になると思います。グループワークを円滑に進めるためには報連相と一人一人の 責任感が大切ですが、奥田ゼミではその力も身につくと思います。
 フィールドワークでは自分たちで職人の方々に取材許可を取り、実際にお会いして話を伺います。それは仕事や社会のことについて考えるきっかけにもなります。
 また、限られた時間の中で多くの情報を聞く力が養われ、グループワークを通して時間の使い方が上手になります。外部の方のご協力あって成り立つゼミ活動なので、礼儀や目上の方とのコミュニケーション能力が上達すると思います。
 発表では輪読やフィールドワークの報告に必要なレジュメを作成し発表をします。様々な知識が身に付くだけでなく、考える力、資料を作る力、話し伝える力も養われます。

・奥田ゼミにはどのような人物が向いているか

 奥田ゼミはグループワークを主としたゼミ活動がメインになります。そのため、しっかりと自分の芯を持って意見を言える人であったり、逆に意見を受け入れてしっかりと話し合うことができるといった力はすごく重要になってきます。
 ですが、このような力は奥田ゼミに入ってしまえば半年であっという間に身についてくるようになります。つまり、最初は右も左も分からない状態で大丈夫です。 (奥田ゼミで半年間活動して感じたことです)
 奥田ゼミはフィールドワークをたくさん行い、研究を深めていくゼミなので、ゼミ内の人 以外にもフィールドワーク先の職人の方々などの多くの人の協力が必要になります。そのため、必ず挨拶や感謝の気持ちをしっかりと言える人であって欲しいです。ゼミ内の他のグループがお世話になった色々な人達と自分たちが直接関わっていないとしても、その人たちに自分たちが支えられていることは忘れてはいけません。「挨拶・感謝・人を敬う気持ち」これらを大事にできることが大切です。

・奥田先生とゼミ生の関係について

 奥田先生は体格も大きく非常に厳しいというイメージを持たれがちですが、実は学生一人ひとりに寄り添って接してくださいます。また、ゼミ生には様々な性格の人が居ます。その中でも奥田先生は学生の個性や性格を見抜くのが抜群に優れていて、それらに合わせた接し方を行うプロではないでしょうか。
 「厳しい」という言葉はあながち間違いではないですが、ずっとそのような雰囲気ではありません。良いものは良いと素直に称賛してくださいます。また、休憩中などでは授業中の真剣モードとは裏腹に学生と様々な会話で盛り上がります。やる時と休む時のメリハリがきっちりあります。休み時間では先生と気軽に話をできるようなユーモアのある先生です。


 上記でご説明させていただいた通り、奥田ゼミではプレゼン能力も身につくほか、卒業後社会人としての最低限のマナーと常識を身につけることができます。
 学外で活動する時間が多いので忙しく、グループワークがほとんどの奥田ゼミでは常に一人一人の行動に責任が伴います。しかし、同時に奥田ゼミでしか学べないこと、得られないことは数えきれないほどあります。

 最後になりますが、選考につきましてはGPAではなく面接を最も重視します。
ここまでの長い紹介文を最後まで読んでくださった貴方、(もしかしたら)奥田ゼミに向いているかもしれません。
 是非、奥田ゼミで共に学び、大学生活をより充実したものにしませんか?


奥田ゼミ9期生一同より