専任教員紹介

山森 亮 Toru Yamamori

山森 亮
研究テーマ社会政策・福祉国家の思想史・現在・明日
研究室啓明館405号室
演習(ゼミ)紹介多様な生き方を肯定する社会政策と連帯経済
詳細研究者データベース(オリジナルサイト)
大学受験に失敗した頃、路上での生活を余儀なくされていた人たちと出会いました。それで経済学を志したのですが、いざ大学に入って教科書を開いたときの違和感を今でも覚えています。「選好」「欲求」に基づく「選択」の話はあっても、貧困ゆえに「選択」することもできず「必要」が満たされないという世界はほとんど出てこないではないか、と短絡的に考え、しばらく授業に関心を持てない日々を過ごしました。現在かなり様々な領域にわたって研究していますが、根っこの部分の問題関心としては、大学入学のころに感じたことの周りを今もうろうろしているようです。すなわち「選好」に還元しきれない「必要」をどのように経済学は取り扱うのか、という問いです。

  1. 「必要」の問題を正面から取り上げた数少ない現代の経済学者である、アマルティア・センの議論の肩に乗っかるような形で修士論文や博士論文を書きました。彼の問題関心の広範さに導かれるように、平等論やポスト・コロニアリズム、あるいはフェミニスト経済学といった、通常、経済学ではマイナーな領域に足を突っ込んでいます。
  2. 昨年秋まで2年ほどイギリス・ケンブリッジで、「必要」が経済学や思想の歴史のなかでどのように取り扱われてきたかについて研究する機会に恵まれました。「経済学の父」アダム・スミスが必要についてどのように考えていたか、結構面白いです。
  3. 「必要」を満たす制度・政策にかかわる「社会政策」が学部での私のメインの担当科目です。ベーシック・インカムという、福祉国家の現在のあり方とは一見大きく違う考え方を中心に研究しています。

ま、そんな研究を続ける一方で、いつまでたっても、自分自身にとって何が必要なのか、間違えてばっかりです。もう一杯くらい大丈夫・・・・・あっ、終電行っちゃった!

学生へのメッセージ

学生生活も結構忙しいもので、思ったほど本を読む時間はないものです。でも卒業したらもっとありません。京都は本を読むのに適した、いい感じの喫茶店やら、川べりとかが沢山ありますので、どうか皆さんが楽しい読書時間に恵まれますよう。

演習(ゼミ)

演習テーマ:多様な生き方を肯定する社会政策と連帯経済

(1)
山森ゼミでは2007年の開設以来、主に以下のことを演習で行ってきています。
  • グループワークを通じた各自の問題意識の発見と共有
  • 他大学とのゼミ交流合宿
  • 学術書の輪読を通じた問題意識の深化
  • 現場で取り組む人々との交流(ゲストスピーカーあるいはグループ単位での訪問)を通じた問題解決への模索
  • NPO団体などを招いてのイベントの開催
  • 上記諸活動を踏まえたうえでの各自の問題意識に基づいた卒論執筆

(2)
ゼミ担当者のHPゼミのフェイスブックページ が参考になるかも知れません。ゼミ生さん、これまでいろんな人がいて、一言では言い表せないのですが、担当者の記憶では、比較的読書好きの学生さんが多かったのと、毎年、NPO活動だったり芝居だったり、学外での活動に精力的な学生さんが一人二人はいて、他のゼミ生に刺激を与えてくれていたのが印象に残っています。
2年次演習
過去の演習内容
福祉ポピュリズム 
[履修条件]
以下の条件を二つ以上満たすことが望ましい
  • 日本語で学術文献を読みこむことができること
  • 英語で学術文献を読みこむことができること/できるようになる努力を惜しまないこと
  • NPOやボランティアなどでの活動経験があり、その経験をゼミでの活動に活かすつもりがあること
  • ゼミテーマと関連する授業をゼミ以外に一つ以上過去に履修しているか、今学期に履修予定であること
3年次演習
過去の演習内容
反貧困と労働×働きの未来についての調査研究
[履修条件]
以下の条件を二つ以上満たすことが望ましい
  • 日本語で学術文献を読みこむことができること
  • 英語で学術文献を読みこむことができること/できるようになる努力を惜しまないこと
  • NPOやボランティアなどでの活動経験があり、その経験をゼミでの活動に活かすつもりがあること
  • ゼミテーマと関連する授業をゼミ以外に一つ以上過去に履修しているか、今学期に履修予定であること
卒業研究
新たな履修者についての選考基準は、専門書を読みこなしたうえで卒論の執筆計画を立て、それにむけて準備を始めていることを前提としたうえで、旺盛な読書量、語学力、NPOなどでの活動経験などのうち複数を、ゼミの場で活かしてもらえるかどうかを評価のポイントとする。
[履修条件]
新たな履修者についての選考基準は、専門書を読みこなしたうえで卒論の執筆計画を立て、それにむけて準備を始めていることを前提としたうえで、旺盛な読書量、語学力、NPOなどでの活動経験などのうち複数を、ゼミの場で活かしてもらえるかどうかを評価のポイントとする。

関連する科目

既修・併修を強く勧める科目
 
 
既修・併修が望ましい科目
  • 社会政策1・2
  • 労働とジェンダーを英語で読む
  • エコロジー経済1・2
履修を勧める3年次演習関連科目

関連する演習

 

学生による「私のゼミ紹介」

山森ゼミ 2018年度の活動報告 


 2018年度春学期の山森ゼミは活動的な期間でした。5月にベーシックインカムの発想に関心を持った長野県中川村の前村長さんを訪問し、その地の連帯経済を見聞してきました。その下準備として、4月から中川村の調査を行い、連帯経済についての知識を身につけるため発表を繰り返し、学生同士の相互理解を深めました。
 また、それと並行してインドでの女性たちの連帯経済やジェンダー問題についても研究し、インドの女性差別に取り組む弁護士さんと、同じくインドのベーシックインカムや女性の労働組合についての研究者とを京都にお招きして、イベントを開催しました。(カレーの作り方も教えてもらいました!)
 長野県でのフィールドワークを終えると、そのレポート作成と、夏季休暇中に新たにフィールドワークを行うためその下調べに従事しました。
秋学期では11月に、横浜国立大学経済学部の相馬直子教授のゼミと研究報告会を行いました。報告会に向けて、山森ゼミでは、同年6月から3グループに分かれそれぞれ「新たな家族の形(同性パートナーシップ制度)について」・「福島 被災者支援」・「ベーシックインカム」をテーマに研究を始めました。福島から京都に避難している方にお話を伺ったり、イベント参加やNPO訪問などフィールドワークを重ね、文献による調査と合わせて知識を深めました。研究報告会では、お互い現在取り組んでいる研究について発表し、疑問や意見を交換し合いました。ゼミ内の意見交換だけでは得られなかった視点や新たな疑問も生まれ、今後のゼミ活動の糧となる貴重な時間を過ごすことができました。
(豊田 愛香、奈良 光彩希)

2018ゼミ中川村フィールドワーク[JPG 653KB]