こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 経済学部/経済学研究科ホーム
  2.  > 学生ケーザイレポート
  3.  > 2014年度のレポート(グローバル化におけるICT最新動向の現地調査)

学生ケーザイレポート(2014年度)

15/03/31

グローバル化におけるICT最新動向の現地調査

10

ICTを研究テーマとしている宮崎ゼミでは,IT利活用の最新動向の実態調査を目的とするプロジェクトを立ち上げました。
このプロジェクトでは急速な経済成長が続いており、世界トップレベルのIT先進国であるシンガポールを訪れ,アジア最大級のITイベントショー「COMEX」を中心にフィールドワークを実施しました。
東南アジア地域有数のハブ空港であるシンガポール・チャンギ国際空港に到着した際のシンガポールの第一印象は,ターミナルが世界各国の多種多様な人々で活気に満ち溢れていたことです。
調査1~2日目は「COMEX2014」に参加しました。会場内ではメーカー企業による展示だけではなく,多数の店舗ブースで即売が行われていました。最新のスマートフォンから日本に比べて使用者が多い「自撮り棒」,一風変わったデザインのユニークなアクセサリー類まで幅広いジャンルの商品が販売されており、各企業ブースのスタッフの方だけでなく,実際に商品を購入した方にもインタビューやアンケート等の調査を行い,現地の方々のITに対する考え方などについて伺いました。
3日目はシンガポールの家電販売店,電気街等で調査を行いました。フィールドワークで感じたことは,シンガポールが「後背地を持たない都市国家」といわれるとおり,国中に地下鉄等の交通インフラや商業施設が充実しており,どこに行っても活気に満ちていたということです。また,シンガポールは多国籍国家である上に政府が海外企業の誘致に力を注いでいることもあり,観光客だけではなく,シンガポール在住のアジア圏以外の労働者を街中で多く見かけました。
フィールドワーク終了後,日本の状況と比較を行い,日本や日本企業が取り組むべき課題などについて議論を行いました。
.