こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 経済学部/経済学研究科ホーム
  2.  > 学生ケーザイレポート
  3.  > 2016年度のレポート(京都の老舗職人企業の変化と現在の京都)

学生ケーザイレポート(2016年度)

17/03/31

京都の老舗職人企業の変化と現在の京都

2

 本プロジェクトは「京都の老舗職人企業の変化と現在の京都」をテーマに、約1年半活動しました。今や京都は世界一の観光都市であるとも言われています。では京都が人々を惹きつけ続ける京都の魅力とはいったい何なのか、またそれを支える人とはどんな人なのかを考えると、無視することができないのが京都に根付く老舗の職人企業の存在です。京都は歴史的に都があったという土地柄、数多くの伝統産業が発達しました。その中で老舗企業や職人たちが、そこに暮らす人々の生活を支え、文化を形成してきたのです。彼らがその歴史の中で築き上げていた技が生かされているものを私たちは誰しも目にしたことがあるはずです。しかしその技を継承する職人たちについて深く知る機会は多いとは言えません。私たちのプロジェクトでは京都の表舞台を支える存在である職人に焦点を当て、彼らがその歴史の中で継承し続ける技を直接見聞きし、そして長い歴史の中で人々を支えるために、時代の変化とともにどう生き抜いてきたのかを明らかにしていきます。伝統を守ることとはどういうことなのかを考え、その存続と発展のなかにある職人の思いを探っていきます。

 具体的に私たちは5つの班に分かれて、各班がテーマを設定し、フィールドワークを中心に、京都の地元の方々や職人にお話を伺うなど、様々な活動を行いました。これから卒業までの1年で、各班それぞれが研究に対する成果を出し、卒業論文の制作に取り掛かりたいと考えております。各班の研究テーマは以下の通りです。(敬称略)

1班:「そば・本家尾張屋」 
2班:「火薬・國友銃砲火薬店」 
3班:「京都らしさとは何か・sousou」 
4班:「京刃物・金高刃物店」 
5班:「朝日焼・朝日焼窯元」

.