こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 経済学部/経済学研究科ホーム
  2.  > 学生ケーザイレポート
  3.  > 2017年度のレポート(海外IT産業の視察調査と我が国との比較研究)

学生ケーザイレポート(2017年度)

18/03/31

海外IT産業の視察調査と我が国との比較研究

21

 私たちは、日々発展していくICT(情報通信技術)社会の中で生きています。ゼミで情報システムを勉強している私たちは、今回、第二のシリコンバレーと呼ばれBoeing社やMicrosoft社、Amazon社など大手IT企業が建ち並ぶアメリカ・ワシントン州のシアトルに赴きIT産業の調査を行いました。また、国内では東京ビックサイトで行われた第19回自動認識総合展を視察し、日本のIT技術について調査を行いました。
 シアトルでの視察は日本ではお目にかからないであろう技術やサービスがあり、驚くばかりでした。Microsoft社では人の顔・表情からその人の年齢や感情を読み取るといった顔認識システムやMicrosoftの歴史などを、ユニバーサルビレッジではネット通販企業であるAmazonの実店舗の書店「Amazon books」でスマホアプリを活用した実店舗とネットサービスを融合させたサービスなどを調査しました。
 またビックサイトでの調査では、最新の自動認識技術について知ることができました。徘徊してしまった認知症高齢者を保護した時に身元がQRコードで読み取れるようなシステム、棚卸や会計時の時間短縮や人件費削減といった利便性・生産性の向上を図れるであろうRFID技術、さらには農業を助けるためのAIやセンサを用いた取り組みなど、最新の動向を調査しました。
 今回の調査では開発段階の最先端のIT動向、実装段階のIT動向という二つの点を研究することができました。日本ではまだ実装されていないようなITを活用したサービスやシステムを知ることができ今後のゼミ活動行う上でよい学習になりました。
 私たちがシアトル、東京ビックサイトで行った詳しい調査・報告については、各自がレポートにまとめて成果報告書を作成しましたので機会があればご覧下さい。

.