こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 経済学部/経済学研究科ホーム
  2.  > 専任教員紹介
  3.  > 布留川 正博

専任教員紹介

布留川 正博 Masahiro Furugawa

研究テーマ産業革命期イギリスの奴隷貿易、奴隷制度廃止運動
研究室良心館469号室
演習(ゼミ)紹介グローバリゼーションの歴史と現在
詳細研究者データベース(オリジナルサイト)
布留川 正博
18世紀、イギリスはヨーロッパ最大の奴隷貿易国であった。ロンドン、ブリストル、リヴァプールは奴隷貿易によって栄えた。18世紀中にアフリカからカリブ海域を含む南北アメリカに連行された奴隷の数は約600万人にのぼり、そのうち4割以上をイギリスの奴隷貿易業者が直接に関与した。これによって「新世界」では奴隷制が拡大し、砂糖・コーヒー・綿花・タバコ・金などの植民地物産がヨーロッパにもたらされた。ヨーロッパは大きな富を手に入れるだけでなく、消費生活も豊かになった。

しかし、18世紀終わりころからヨーロッパとりわけイギリスでは奴隷貿易・奴隷制に反対する運動が活発になっていった。最初は奴隷貿易廃止のための議会請願運動が展開され、国民各層がこれに参加した。奴隷労働によって生産された砂糖をボイコットする運動も行われた。議会においても活発な論戦が繰り広げられた。結局、1807年にイギリスでは奴隷貿易が廃止された。ちなみに2007年はその200周年に当たり、イギリス各地で様々なイベントが開催された。その後1820年代から今度は奴隷制廃止のための活動が開始された。議会請願運動が展開され、150万人以上の人々の署名が集まった。こうした大衆運動を背景に1833年に奴隷制が廃止された。18世紀終わりから19世紀にかけての時期はイギリスでは「改革の時代」と呼ばれている。

学生へのメッセージ

私は、「面白くなければ学問ではない」と考えています。皆さんも自分にとっての面白い学問分野を探し出し、とことん追及してみてください。そして、歴史的過去を振り返り、学びながら、現代を捉え返し、未来に羽ばたける人間として成長していってください。

演習(ゼミ)

演習テーマ:グローバリゼーションの歴史と現在

導入・基礎科目で得られた経済学の基礎知識をベースに、受講者が選択した特定の地域(地域間の比較を含む)の経済・社会・政治・文化についての学習を積極的に行い、経済学と国際地域・産業研究という2つの専門領域をもち、広く国際舞台で活躍しうる人材を養成することを狙いとした演習群(国際地域研究)のひとつである。

本演習では、以下の課題文献の購読・報告・討論を通じて、ヒト・モノ・カネのグローバルな移動とその影響について歴史的過去にさかのぼるとともに、グローバリゼーションの現状と展望を検討する。
課題例
  • 奴隷貿易・奴隷制史
  • 南米ポトシ銀山の歴史と現状
  • イギリス産業革命の再検討

  • 日系ブラジル人の形成と日本への還流
  • 戦後ヨーロッパにおける外国人労働者
  • フィリピンの海外契約労働者の実態

2年次演習
課題文献
A.G.フランク『リオリエント―アジア時代のグローバル・エコノミー』
青木康征『南米ポトシ銀山』
依光正哲『国際化する日本の労働市場』
ピーター・ストーカー『世界の労働力移動』
[履修条件]
  1. 2つの外国語の成績を選考材料にする。
  2. 語学力認定試験を2言語について受けているものを優先する。
3年次演習
3年次演習1
課題文献
エリザベス・アボット『砂糖の歴史』
Eltis, D. & D. Richardson, Atlas of the Transatlantic Slave Trade.
伊豫谷登士翁『グローバリゼーションと移民』
カースルズ/ミラー『国際移民の時代』(第4版)
[履修条件]
国際地域研究グループ(川越/西岡/谷村/角井/上田/福岡/横井/菅/山森)に属する2年次演習を履修した者を優先する。
3年次演習2
各人あるいは各グループの設定した研究テーマについて、以下のステップを踏んで、論文作成作業を行う。

  1. 研究テーマの設定・基本文献の選定
  2. 研究計画書の作成とプレゼンテーション
  3. 論文作成
[履修条件]
国際地域研究グループに属する3年次演習1を履修した者を優先する。
卒業研究
各人あるいは各グループの設定した卒業研究テーマについて、以下のステップを踏んで、論文作成作業を行う。

  1. 卒業研究テーマの設定・基本文献の選定
  2. 卒業研究計画書の作成とプレゼンテーション
  3. 卒業論文作成
[履修条件]
国際地域研究グループに属する3年次演習を履修していること。

関連する科目

既修・併修を強く勧める科目
  • 経済の歴史と思想
  • アジア経済
  • ヨーロッパ経済
  • 政治経済学

  • 世界経済史
  • アメリカ経済
  • 現代経済思想史

既修・併修が望ましい科目
  • ヨーロッパ文化論
  • アジア文化論

  • アメリカ文化論

関連する演習

学生による「私のゼミ紹介」

今年のわがゼミ

私たち3年生は、2011年度現在16人で活動しています。今年度春学期は、普段の演習の他にリトリートセンターでのゼミ合宿や京都御苑でのスポーツ大会を通じて、ゼミ生同士の交流を深めてきました。

また、秋学期はディベートを行ってみたり、先生を含む11人でトルコのイスタンブールへ「トルコの歴史と産業」と題して、学生プロジェクトの調査に行きました。ゼミ生の強い要望で決まったトルコでの調査ですが、現地ではゼミ生それぞれのテーマに合わせて地元企業の方々やJETROの講師の方からお話を伺い、さらに同志社大学OB・OGの方々との交流会にも参加させていただきました。その他、現地トルコ人との交流など「行ってみんとわからんな~」という大変貴重な経験ばかりの調査となりました。ちなみに、トルコでは現地のお酒、ラクにも挑戦してみましたが、やはり先生はワインが一番お好きなようです。トルコにもおいしいワインがありました。
.