こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 経済学部/経済学研究科ホーム
  2.  > 専任教員紹介
  3.  > 佐竹 光彦

専任教員紹介

佐竹 光彦 Mitsuhiko Satake

研究テーマフィッシャー仮説の検証
研究室良心館473号室
演習(ゼミ)紹介日本経済の実証研究
詳細研究者データベース(オリジナルサイト)
佐竹 光彦
日本経済は1990年代からの「失われた10年」ないし「15年」から立ち直りをみせているものの、インフレどころかデフレ傾向が残る今の世の中に、何をインフレ予測かと思われるでしょう。

私が大学、大学院で学んでいたころ、マクロ経済学では合理的期待仮説というのが一世を風靡し、現在も経済理論の基礎をなしています。それは人々が知りうる情報によって、将来の経済を合理的に予想し、自らの行動を決めることをモデル化したものです。その中でもっとも大事な予想(期待)は価格についての期待であって、インフレ期待と呼ばれています。

インフレ期待と呼ばれるのは、戦後の各国経済で、物価水準がほぼ上昇してきたから、価格の変化をインフレと呼ぶことからきています。価格、物価というものは、マクロでもミクロでも最も重要な経済変数のひとつです。その将来の数値を正確に予測することは大変重要なことであると考え、インフレ予測の研究をしています。

現在のところ具体的には、利子率の水準を利用してインフレ予測が可能かどうかを分析しています。たとえば1年先に満期になる金融資産の利子率を考えましょう。利子率が決まる上で、人々は1年先のインフレ率の予想をしていて、その情報が利子率に含まれています。その情報に基づいて、インフレが予測できるかどうかを研究しています。

人々のインフレ予想(期待)をデータとして手に入れることができません。また、人々のインフレ期待は将来のインフレを正しく予想するとはかぎりません。統計学や計量経済学は限られた情報にもとづいて、母集団の正しい姿を推測します。その手法を適用して、人々のインフレ期待の解明、将来のインフレ予測の研究を進めています。

また、同じような手法を用いて、景気予測の研究も行っています。

学生へのメッセージ

大学は自由なところで、またこの4年間にはやろうと思えば何でもできるたくさんの時間があります。経済学はきちんと学ぶとして、それ以外にこの4年間でしかできないことに何か挑戦してください。

演習(ゼミ)

演習テーマ:日本経済の実証研究

経済学に関連するデータ分析を,学部レベルではかなりできるレベルまで,習熟することが目標です.そのため,「2年次演習」で日本経済の現状を把握し,計量経済分析の実習を行います.「3年次演習」では,計量経済分析をさらに進めて学びます.また,ディベート大会(他大学との対抗,経済学部)にも参加します.そして,「卒業研究」では,1年半培った分析能力を十分に発揮して,卒業論文を完成させます.
2年次演習
「2年次演習」では,Eviewsという計量経済分析用のソフトに習熟し,最新の『経済財政白書』(内閣府)によって,日本経済の現状を把握します.そして,期末に卒業研究の課題とするテーマの提出を求めます.
[履修条件]
「計量経済学1」を並行履修すること.
3年次演習
「3年次演習」では,各自の卒業テーマの基礎となる文献を理解し,計量分析の方法を確立することを主に進めていきます.また,春学期には他大学との対抗ディベート大会,秋学期には学部のディベート大会に参加します.テーマにかかわらず,論理的に議論できることは大切であると考えているからです.
[履修条件]
春学期に「計量経済学2」を,秋学期に「計量分析実習1,2」を並行履修すること.
卒業研究
「卒業研究」の時期は,就職活動もあり,ゼミ生全員が一緒に継続的に学習できるとは思えません.各自で,テーマを決めて,計量経済分析を十分生かした卒業研究を作成してもらいます.各自の発表が中心になります.
[履修条件]
 

関連する科目

既修・併修を強く勧める科目
  • 経済統計
  • 初級ミクロ経済学
  • 初級マクロ経済学


既修・併修が望ましい科目
 
 
履修を勧める3年次演習関連科目

関連する演習

 

学生による「私のゼミ紹介」

 
.